演じてみようつくってみよう紙芝居

長野ヒデ子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784883442348
ISBN 10 : 4883442349
フォーマット
出版社
発行年月
2013年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
127p;21

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 鱒子 さん

    図書館本。紙芝居の勉強に。演じる時に画面を揺らす(恐怖の表現、歩いている表現など)のは、全く知らなかったです。すごい手法だ、やってみよう。本書は紙芝居を作ることにも重きをおいた構成になっています。

  • それいゆ さん

    自作の紙芝居を作成しました。2000年の夏、閉鎖海域である瀬戸内海の小豆島に、ウミガメが上陸し産卵、無事ふ化して子ガメが海に旅立っていくというストーリーです。絵を描くのを依頼して4年後にやっと完成しました。当時の写真をそのまま模写した絵は、精密で今にも絵の中の子どもたちが動き出しそうです。文をどのように書いていいのかまったく分からなかったので、この本を参考にさせていただきました。全部で12枚の紙芝居、自分でも力作だと自画自賛しております。寄贈を希望される方はご連絡ください。

  • anne@灯れ松明の火 さん

    新刊棚で。演じもするし、つくりもする紙芝居。でも、どちらも自己流(笑) こういう指南本は大歓迎♪ 楽しい紙芝居をたくさんつくっている長野ヒデ子さんが編集で、表紙の絵からも楽しさがあふれている(なんで、no imageなんだろ?) 長野さん中心で、右手さん、やべさんは引用的な扱いなのに、作者は右手さんって表示されるのはなぜ?^^; 

  • どあら さん

    図書館で借りて読了。読み聞かせで紙芝居を読むことがある為、勉強します!

  • ヒラP@ehon.gohon さん

    紙芝居の演じ方、作り方、楽しさを、解りやすく、魅力的にまとめてある紙芝居入門書です。 絵の抜き方、間合い、揺らし方、途中止めの効果、丁寧に説明されていて、紙芝居の奥深さを感じました。 演じ手と聴衆が一体感を持てる工夫については、眼からうろこ状態でした。 紙芝居がより近く、より楽しくなる本です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品