新世界 5th 河出文庫

長野まゆみ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309407999
ISBN 10 : 4309407994
フォーマット
出版社
発行年月
2006年08月
日本
追加情報
:
15cm,197p

内容詳細

拘束されたジャウの命が失われゆく中、ソレンセンは最後の賭けにでる…。シュイとイオの躰が融け合い、一つになるとき、“永い眠り人”は、記憶の彼方からついに目を醒ますのか?超人気巨篇シリーズ、ついに感動の最終巻。

【著者紹介】
長野まゆみ : 東京都生まれ。88年「少年アリス」で第25回文藝賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 橘 さん

    こんな終わりってあるのでしょうか。全てを理解したとは言えませんが、とても悲しく、とても美しい物語でした。「きみは、ぼくの世界の、すべてだった、」好きな世界でした。またいつか読みます。

  • 螢 さん

    「……もう限界なんだ。なんでまだ躰が動くのかわからない。……あなたのために何をすれば、もう少しまともに扱ってもらえるのか、……知りたい。それが叶わないなら、……殺してほしい。」 いろいろの意味が、前より少しわかった。この世界観、やっぱり好きだ。耽美と退廃の香り。永遠の終末。

  • 橘 さん

    再読。シュイがとことん報われなくて悲しいです。長野作品では最も多く大人が出てきた気がします…どの人もそれぞれの冷酷さがありました。寂しく、虚無なラストでした。

  • ふぶき さん

    メモをとりつつ読了。明言はされていないし作者も辻褄が合うように書いていないとおっしゃっていますが、謎だらけの設定を自分なりに解釈して納得しています。精神的にも肉体的にも辛い描写が多いシリーズでしたが、マンダリンの飛び交うカシピオンの風景は美しく目に浮かびました。わたしはイオとシュイとソレンセンが好きなんだなぁと思ったのが読了しての感想です。

  • さつきち さん

    後書きで、登場人物の種族やら性別シフトやらは、植物を参考に発想したと書いてあって興味深かった。長野作品によくあるように、主人公が当たり前のことだと思ってなんの疑問も持たずにいることが、実は捏造されたものであって、知らぬは本人ばかりなり。それが終盤にいくに連れて、少しずつ真相が明らかになっていくって感じですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

長野まゆみ

東京都生まれ。1988年『少年アリス』で文藝賞を受賞。2015年、『冥途あり』で泉鏡花文学賞、野間文芸賞を受賞する。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

長野まゆみに関連するトピックス

  • 第68回野間文芸賞は『冥途あり』が受賞 下町で生まれ、実直な文字職人として生きてきた父だが、その死後知られざる横顔が覗きはじめる。長野まゆみが自身の実体験を... HMV&BOOKS online|2015年11月17日 (火) 09:18
    第68回野間文芸賞は『冥途あり』が受賞

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品