長谷川町蔵 / 大和田俊之

人物・団体ページへ

文化系のためのヒップホップ入門 [いりぐちアルテス002]

長谷川町蔵 / 大和田俊之

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784903951478
ISBN 10 : 4903951472
フォーマット
発行年月
2011年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,279p
280p 四六版

内容詳細

目次 : ■第1部: ヒップホップの誕生 / ブロック・パーティ期/オールドスクール期 / ■第2部:イーストコースト / 第2世代の登場/サンプリングによるトラック作り / ラップは何を言っているのか/パブリック・エネミーとネイティヴ・タン / ■第3部:ウェストコースト / ギャングスタ・ラップ登場/ギャングスタ・ラップのサウンド / 西海岸のアンダーグラウンド・シーン / ■第4部:ヒップホップと女性 / ■第5部:ヒップホップ、南へ / ヒップホップ・ソウル/ティンバランドのサウンド革命 / 南部の時代 / ■第6部:ヒップホップとロック / ■第7部:ヒップホップの楽しみ方

【著者紹介】
長谷川町蔵 : 1968年生まれ。ティーン・ギャング(ツッパリ)全盛時代に、東京のダーティー・サウス、町田市で生まれ育つ。90年代末からライター活動を開始。映画、音楽、文学からゴシップまで、クロスオーバーなジャンルでハスリングし続けている

大和田俊之 : 1970年生まれ。レペゼン神奈川。クリップスとブラッズならぬバイカー・ギャング(暴走族)で荒れ狂う日本のウェッサイ、湘南地方で育つ。ドクター(文学)。慶應義塾大学(アソシエイト)プロフェッサー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • zirou1984 さん

    いやぁ面白い。前半部分のアメリカヒップホップ史を文化系の視点から捉え直す部分もいいけど、本書が何より優れているが最後二章。ここではロックとの対比からヒップホップが内的に持っている価値観を様々な例えで示し、最終章でヒップホップとは「少年ジャンプである」「プロレスである」「お笑いである」と何ともキャッチ―な落とし所に纏めている。惜しむらくは、ここ数年でヒップホップを取り巻く環境が変化し過ぎたためか内容について若干の物足りなさを感じてしまうところ。とはいえ、入口としての役割については全く古びていない。

  • 剣先するめ さん

    ヒップホップの起源は、例えば『ダズンズ』という黒人奴隷制下で流行った話芸。これは如何に巧妙に相手を罵しり観衆を沸かせるかで白黒をつけるもの。暴力沙汰を起こせない環境だからこういった方法が慣習化されたのかな。ロックは純文学で観衆不参加型、ヒップホップはTwitter、初音ミクと同じで観衆参加型だ、というのがなんとなく腑に落ちた。今後メジャーシーンは失墜し、セミプロ、細分化がどんどん進む。Web漫画もそうだけど、ひとえにネット拡大の賜物だなあ。ライム=韻、リリック=詩、パンチライン=オチ、ビーフ=諍い。

  • Saiid al-Halawi さん

    ヒップホップとは一定のルールやテーマの下で個々が競い合う「場」であり、突出した個人ではなく、個々の集合知の堆積がシーンを牽引するだとか、アメリカの人口動態から音楽的なトレンドに切り込んでたりだとか、特に詳しいわけじゃないけどずっと聞いてきた人間には唸らされる内容が多かった。面白い。私も含め日本にもファンの多いJurassic5などは「ゲームに参加してない」という意味で正当なHIPHOPアクターではないらしいが・・・

  • 訃報 さん

    逆に自分がロック少年であることを自覚させられる。やっぱり僕は一人の天才を見ていたいですよ。

  • tona さん

    ヒップホップは、少年ジャンプであり、プロレスであり、お笑いであるという結論には納得。まったく聞いたことがなかったので、この本を読みながらちょっと聞いてみましたが、楽しみ方・聞き方は掴めました。個人的には、ラップの歌詞に関して「いかにクリエイティブに悪口を言うか」が試されているという指摘には目から鱗。なるほど、なるほど。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド