ディズニーランド化する社会で希望はいかに語りうるか テクノロジーと身体の遊戯

長谷川一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766421408
ISBN 10 : 476642140X
フォーマット
発行年月
2014年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20

内容詳細

いまや誰もが「ディズニーランド」の住人である。「それなりに愉しく幸福な絶望」の日常に絡めとられた私たちに、いかなる「生」が可能なのか?才気溢れる筆致で描く、希望のメディア論。

目次 : 第1章 ディズニーランド化する社会/ 第2章 外部の不在、希望という外部/ 第3章 社会変革の実践から日常の実践へ/ 第4章 テクノロジーと身体の“アトラクション”/ 第5章 契機としての“テクノロジーの遊戯”/ 第6章 ディズニーランド化する社会で希望はいかに語りうるか

【著者紹介】
長谷川一 : 1966年、名古屋市生まれ。千葉大学大学院中退後、書籍編集者として働く。東京大学大学院情報学環・学際情報学府博士課程満期退学。東京大学大学院情報学環助手を経て、明治学院大学文学部芸術学科教授。専門はメディア論、メディア思想、文化社会学。博士(学際情報学)。おもな著書に『出版と知のメディア論』(みすず書房、2003年、日本出版学会賞奨励賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • センケイ (線形) さん

    ありふれた程々の幸せが真綿で首を絞めてくる中、その対策としてテクノロジーとの向き合い方を精査していく、大胆なかじ取り。広告、技術、インフラストラクチャーに徹底的に囲まれ、確かに我々が自らの望みを選ぶことは難しくなって感じられる。このように身近で共感できる、しかし根の深い課題が示されつつ、これに対し、都市社会学や、ワークショップ理論、技術史・映画史と多くの要素を巻き込み、何とか立ち向かっていかんとする突き進み方に、物語的な魅力もあった。先述の本が掲げた課題に対し、その対策として続編のようにも楽しめると思う。

  • おだまん さん

    実感としてあるなぁ、アトラクションと化した閉じた世界。非常に示唆に富んだ意見でした。

  • 七忍ミイラ さん

    「それなりに愉しく幸福な絶望」をわたし達は生きている。著者はそうしたテクノロジーが全域的に浸透した外部不在の社会を「ディズニーランド化する社会」と呼んだ。ディズニーランド的なものは、既に社会を覆い尽くしており、いわゆる環境管理型権力の行使が問題とされる。いや、問題はむしろ、そうしたテクノロジーの浸透した社会において、わたし達の身体がそれと動機すること、つまり、その〈アトラクション〉の機制の方なのだ。批評性の失した「楽しい」が目的化した社会において、「希望」があるとすれば、「愉しみ尽くすこと」のほかにない。

  • Hiromu Yamazaki さん

    資本とテクノロジーによって「ディズニーランド化する社会」にもはや外部は存在せず我々は「アトラクション」と共に「愉しい」が絶望的な世界に生きる。外部の存在しない中で超越的に参照項を設け「希望」を議論することは意味を為さないと提起し、最終的にはベンヤミンの「第二の技術」を引用しつつ目的や機能を持たない日常的実践として「アトラクションの遊戯」にその活路を見出そうとする。学位論文のアレンジであるため冒頭は既往の議論が丁寧に整理されているが、後半はやや冗長でブルデューなどを引用するが徒らに議論を難しくしている感。

  • au-lab さん

    いわゆる不可能性の時代における「外部の不在」という出発点から議論を組み立てる。超越性と内在的な視座の往復をどう捉えるかという根本問題はあるものの、全域的なテクノロジーの浸透をアトラクションという観点で捉えなおし、テクノロジーの遊戯という原身体的な実践を語りうるものとしてあぶり出す。 身体的・物質的な同期を、インターネットを含む広範なメディア体験に拡張して考えた時に、どのような「動詞」が析出可能なのかは考えてみたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

  • 堀江貴文 / 君はどこにでも行ける 日本人がアドバンテージをなくしていく中、どう生きるか、どう未来を描いていくか。刑務所出所後、世界28カ国58都市を訪... |2016年03月07日 (月) 17:30
    堀江貴文 / 君はどこにでも行ける
  • アクティブラーニングで学ぶジェンダー 身近にあるけれど気づきにくい“ジェンダー”。おもちゃ、物語、エイジング、精神疾患、デートDV、母娘関係、キャリア・デ... |2016年03月07日 (月) 13:10
    アクティブラーニングで学ぶジェンダー
  • 日本人だけが知らない この国の重大な真実 安倍政権に埋め込まれた「時限爆弾」――日本発、「第3次世界大戦」のシナリオ―「明治維新=日本の戦争国家化」は、まだ終... |2016年03月04日 (金) 17:00
    日本人だけが知らない この国の重大な真実
  • 京都ぎらい 生粋の京都育ち京都在住の著者だから言える、「こんなん書いてええのんか?」的衝撃の新京都論。ロングセラーです。 |2016年03月03日 (木) 13:50
    京都ぎらい
  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?
  • 入隊する韓流スターたち 人気絶頂にある20代の大物スターが、軍務のために約2年間入隊する。入隊した彼らはどんな日々を過ごしているのか。韓流ス... |2016年01月13日 (水) 15:04
    入隊する韓流スターたち

おすすめの商品