スポーツのできる子どもは勉強もできる 幻冬舎新書

長田渚左

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344982499
ISBN 10 : 4344982495
フォーマット
出版社
発行年月
2012年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
179p 18cm

内容詳細

脳の働きから見たら、九九もキャッチボールも同じ。どちらも、脳の中の神経回路を指令が伝わる道筋ができることで身につくものだ。だから勉強と運動を分けて考えるのは間違いで、とりわけ子どもの知能を伸ばすには、充分な運動が不可欠。しかし現代は身体を動かす機会が激減し、学校も主要五教科が中心だ。本書では、スポーツ科学の第一人者と、数々のトップアスリートを取材してきたジャーナリストが、学力と運動能力の関係を明らかにし、子どもの能力を最大限に引き出す新しい子育て法を提案。

目次 : 第1章 スポーツのできる子どもは勉強もできる/ 第2章 スポーツは人間の全能力を開花させる/ 第3章 脳体一致で生きよう/ 第4章 東大からプロ野球選手―松家卓弘/ 第5章 東大からJリーガー―久木田紳吾/ 第6章 勝負脳の鍛え方―柳澤久

【著者紹介】
深代千之 : 1955年群馬県生まれ。東京大学大学院教育学研究科修了。教育学博士。東京大学大学院総合文化研究科教授。力学・生理学などの観点から身体運動の理解と向上を図るスポーツバイオメカニクスの第一人者

長田渚左 : 東京都生まれ。桐朋学園大学演劇専攻科卒業。ノンフィクション作家。女性スポーツジャーナリストの草分け的存在として現在も旺盛な取材活動を続ける。日本スポーツ学会代表理事。NPO法人スポーツネットワークジャパン理事長。スポーツ総合誌『スポーツゴジラ』編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Humbaba さん

    教育は,知能と肉体の両方を鍛えることが大切である.片方のみを伸ばして,それで延びるという人はいるだろう.しかし,それよりも両方を伸ばすようにしたほうが,効果的であることが多い.また.そうでなくとも将来的にその経験はプラスに働く事が多いだろう.

  • そちゃ さん

    最初はあんまり根拠が明確でないありがち批評だなあ、なあんて自分が批評家気取りで読んでたけど、最後の3人がよかった!それまでに散りばめられたちょいネタを重ねた上での、文武両道を極めた3人の言葉が重かった。私たちは中途半端に頑張っているときほど、それ以外を「仕方ない」と努力の対象から外してしまう。単なる「◯◯バカ」ではなく、「一芸に秀で」る人間を目指すべきだし、育てるべきだと思う。一つしかない人間は極めきれない上に、それが崩れたときに案外脆い。

  • よっしー さん

    ★★★とても参考になった。文武両道だ。

  • anken99 さん

    ワタシは親バカだ──ゼロ歳児を持つ親バカが、手にとったのがこの本だ。本書で驚いた事例は、何と言っても、キャッチボールすらできない東大生だ。現代のスポーツは、頭がよくなくてはできない。だからこそ、スポーツをやらせるべきであり、スポーツが脳を鍛える。至極納得した一冊であった。

  • ひげおやじ さん

    水道橋博士のラジオを聞いて読んでみた。文武両道は日本には本当に少ない。広島カープにいたホプキンスが確か医者になったときいたことがあるが、日本のプロでそんなことは聞いたことがない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

長田渚左

東京生まれ。桐朋学園大学演劇専攻科卒業後、スポーツライター&キャスターとして活躍。日本スポーツ学会代表理事。NPO法人スポーツネットワークジャパン理事長。無料スポーツ総合誌『スポーツゴジラ』編集長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品