赤刃 講談社文庫

長浦京

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062932622
ISBN 10 : 4062932628
フォーマット
出版社
発行年月
2015年11月
日本
追加情報
:
373p;15

内容詳細

徳川家光の治世。江戸の住人は、百を超える「辻斬り」に震撼していた。殺戮集団の主犯は、元津藩士の赤迫雅峰の一派。老中・松平伊豆守信綱は彼らを殱滅すべく、「掃討使」に若き旗本・小留間逸次郎を任命する。両者の血塗られた死闘に、市中は合戦場と化す。新感覚の剣豪活劇。第6回小説現代長編新人賞受賞作。

【著者紹介】
長浦京 : 1967年埼玉県生まれ。法政大学経営学部卒業後、出版社勤務などを経て放送作家に。その後、難病指定の病にかかり闘病生活に入る。退院後に初めて書き上げた『赤刃』で、第6回小説現代長編新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • あさひ@冬の朝 さん

    第6回小説現代長編新人賞受賞作。徳川家光治世の江戸を舞台に、辻斬りの殺戮集団との戦いを描いた作品。長浦作品はリボルバー・リリーに続いて二作目。う〜ん・・・新感覚の時代小説と言えば聞えはいいが、かなり漫画チックな印象は拭えず、残念ながら読み応えを期待して読むような作品ではなかったかも。

  • goro さん

    久々にぶっ飛んだ時代小説!いや舞台を江戸にしたテロとの壮絶な戦いか!戦乱を生き抜いたが平和な時代に生きられない赤迫率いる狂気の集団による大量殺戮。幕府の威信を掛けて立ち上げた掃討使だが悉く惨殺となり憤る松平伊豆守。狂気には狂気か!?長崎より呼び寄せたのは知も武も立つがやり過ぎる男ー小留間逸次郎!赤迫狂気集団vs銀羽織が映える逸次郎軍。卑怯も邪道も無き闘いへ投入するのだ!逸次郎の深紅の長太刀が血に煙る!これがデビュー作となる長浦京、恐るべし!カバーイラストも凛々しくカッコ良いね!乞う続編!

  • hit4papa さん

    徳川家光の治世、六人の凄腕辻斬り集団を追う、掃討使の活躍を描く時代劇です。主人公は、行き場を失った武士たちにシンパシーを感じながらも、満身創痍で闘い続けます。本作品は、漢と漢、剣と剣といった正統派のヒーローものではありません。主人公の勝ちゃなんでもアリアリの戦法は、肩すかしすら感じるシーンが度々で、「新感覚の剣豪活劇」とは言いえて妙。カーチェイスならぬホースチェイスなど血沸き肉躍る読みどころが満載です。ただ、ページ数の割に登場人物をてんこ盛りにしてしまったため、とっちらかった印象を残してしまいました。

  • chiseiok さん

    伝説のテロリスト集団vs政府側エクスペンダブルズのガチバトルがなんと寛永年間お江戸シティで勃発。メインキャラが惜しげもなく次々と使い捨てられる殲滅戦。並みの時代劇のつもりで読み始めたら(良い意味で、つか凄い意味で)面食らうこと請け合い。月村了衛や、近頃のウィンズロウを彷彿とさせる血生臭さ。もちろんキャラ個々の輪郭が微妙に薄いし、狂犬のアレは見せ場としては尺が長過ぎじゃね?と感じるし、まだ粗削りな気はしますが、この熱量と疾走感は快感。これがデビュー作ってのが凄い。次作『リボルバー・リリー』読むのが超楽しみ!

  • のぼる さん

    先に読んだ「リボルバー・リリー」もそうだったが、闘いの描写に迫力があり、大活劇を観ているよう。ストーリーもしっかりしていて、次も読みたいと思える作家さん。 それにしても、勝つためには何でもありの闘い方は、読んでいて恐ろしかった。剣の達人でもなかなか勝てません。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品