Re: ゼロから始める異世界生活 21 MF文庫J

長月達平

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784040640068
ISBN 10 : 4040640063
フォーマット
出版社
発行年月
2019年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
328p;15

内容詳細

魔女教との戦いが終わり、しかし、深い傷跡の残された水門都市。日常を、『名前』を奪われた人々を救うため、スバルたちは『賢者』の塔を目指して、最果ての地へと旅立つ。魔獣の巣窟であり、濃密な瘴気の漂うアウグリア砂丘。前人未踏の砂の海を越える鍵、それは囚われの『魔獣使い』――。思い出を失った鬼の姉妹、『魔女』の名を名乗る人工精霊。そして、『名前』を失った『最優の騎士』と共に、一行はプレアデス監視塔へと挑戦する!
「目覚めたとき、最初に見る顔が俺であってほしい。――それはたぶん、俺のエゴなんだよ」
大人気Web小説、波乱と挑戦の第二十一幕。――愚かな挑戦者へ、渇いた砂の洗礼を。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • かんけー さん

    読了♪遂に始まった第六章♪表紙の姉樣とレムりんの2ショットが嬉しく感涙!冒頭、ユリウスのモノローグから入るも?スバルは複雑な胸中で。久し振りのロズワール邸での心休まる描写にホッコリ♪ペトラの乙女心はスバルの想像じゃあ追い付かない次元だから???の連続に苦笑(^_^;)ロズワールは相変わらずだけどwスバルとエミリアも慣れたもんで、ベアトリスも挟んで?各人の想いの衝突が読んでてとても心地善い(^.^)スバルのレムに対する想いの深さに今更ながら共感する♪中盤以降、緩やかだった展開も賢者が居ると言う監視搭を→

  • まるぼろ さん

    第六章開幕、水門都市での戦いにて発生した様々な問題を解決するべく、スバル達一行は記憶を奪われたユリウスや同様に眠ったままのレムを連れてアウグリア砂丘にある「賢者」の塔を目指すが…と言うお話です。まだ始まったばかりだと言うのに中々ハードな展開で面白かったです。そんな中でもスバルやラムやユリウスなどが弱い所を見せながらも「塔」への攻略を進めていく所は良かったかなと。そして「賢者」との対面にて発せられた言葉の意味は…、次巻も楽しみです。幕間のガーフとミミの話も色んな意味で癒やされてとても良かったです。

  • ぎゃぐれー さん

    新章開幕。このシリーズにしては珍しく(?)冒険してる。まあ、それでもやっぱり並の作品より遥かに厳しい道のりなワケだけど。今回、久しぶりに心が折れそうな死に方をしたなぁ。

  • リク さん

    久しぶりに死にまくったなー。状況的にキツかったとはいえ、相対的にレグルスさんが哀れに思えるな…。魔獣の群れ以下認定だし。第六章突入。表紙の二人でまず泣ける。五章からメンバー入れ替わって、エミリア、ベア子、ラム、アナスタシア、メィリィ、レム、パトラッシュ、ユリウスのスバルハーレム。なんなら一番親しいのユリウス。久しぶりの姉様とのやり取りにほっこりさせつつ、きっちり落としてくるとこマジリゼロ。あそこからの死に戻りはキツすぎるな…。ラムとスバル、一人の女の子を愛する者同士力を合わせて困難を乗り越える展開を期待!

  • ねこ さん

    ずっるい...途中まで「今回もスバルが手酷い目に遭ってるなぁ」って安定の残虐さにニヤニヤワクワクしながら読み進めていたのに、最後のガーフの件はずるい。涙腺崩壊させにかかってるとしか思えない。でも良かった。ガーフィールが登場時から、どんどんかっこよく逞しく、優しく強くなっていってる。今後の活躍が更に楽しみです。しかしスバルのハーレムはそろそろなんとかならないのかな。そこまで幼女はべらせなくて良いと思うんだが。とにかく、今回も面白かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

長月達平

ライトノベル作家。1987年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

長月達平に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品