Re: ゼロから始める異世界生活 18 MF文庫J

長月達平

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784040653808
ISBN 10 : 4040653807
フォーマット
出版社
発行年月
2018年12月
日本
追加情報
:
318p;15

内容詳細

都市庁舎奪還作戦が失敗に終わり、一時は濁流に呑まれる水門都市プリステラ。手痛い敗北を味わい、再起を誓ったスバルだったが、大罪司教の魔の手は都市の混迷をより深く、より悪辣に増大させていく。恐怖と不安が人々の正気を奪い、都市中を彷徨うこの世にありえざる獣の存在。頼れる仲間たちと散り散りになった状況で、スバルたちは逆転の一手として、都市の人々を救うための分の悪い賭け。「英雄幻想」へと、打って出る―!「―俺の名前はナツキ・スバル。魔女教大罪司教、『怠惰』を倒した精霊使いだ」大人気Web小説、敗北と逆転の第十八幕。―背負え。彼女だけでなく、人々の英雄幻想。

【著者紹介】
長月達平 : ライトノベル作家。1987年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • よっち さん

    都市庁舎奪還作戦が失敗に終わり、一時は濁流に呑まれる水門都市プリステラ。手痛い敗北を味わい、大罪司教の魔の手は都市の混迷をより深く悪辣に増大させていく第十八弾。要求を突きつける大罪司教たちと、その一人レグルスに結婚を迫られるエミリア。何一つ譲れない状況で、都市の人々を救うために演説を行うスバル。彼らしい見事な演説をかましたスバルもつくづく成長したなと思う一方で、剣鬼さんの業がどこまでも深過ぎて何ともあれな感じですが、次巻では大罪司教たちを相手にそれぞれ華々しい戦いが展開される感じですかね。オットー大丈夫?

  • かんけー さん

    読了!いよいよ、スバル達の逆襲が始まる( ̄ー ̄)b今巻はその準備回♪流石王戦に臨む姫さん達だけ在って、その覚悟も半端ないと!只一人クルシュさんが可哀想で...エミリアの良い意味での怖い物知らずの前向きさ、好きだねぇ(^.^)プリシラ!「常に世の中は妾の都合の良い様に出来ている」と豪語するその凄まじいオーラは?然しスバルの覚悟も認めた♪今回の件でプリシラをスゴく見直した、ホント良い女だと!wデレ成らぬ照れをもそのオーラで吹き飛ばすw彼女は我が道を粋ながらも?自身の納得の往かない現状は叩き潰すその感性にこそ→

  • ガーガー さん

    スバルの演説、読んでて少し泣きそうになった。アナスタシアやラインハルトが演説したらきっと安心できるだろうけど、スバルは民間人と同じ目線になって話していたから説得力が違う。この一年間の成長が滲み出てるな…。その反対に大罪司教の情報をエミリアに流したことをエミリア陣営が知るとそんなこと出来たの!?みたいな反応が面白かった。でも、Web版には出てこなかった亜獣が出てたり、水門が開いたり違いが出てきて、続きが気になる。

  • まりも さん

    絶望に呑まれた水門都市プリステラで反撃の狼煙が上がるシリーズ第18弾。今回のハイライトはスバルの演説シーン。あの演説にスバルという人物の全てが詰まっている。そう言っても過言じゃないくらい心に響く最高のシーンでした。あれはスバルじゃないと絶対に無理だわ。そしてエミリア。囚われのお姫様じゃ終わらない。そんな彼女の活躍も最高にカッコよくて可愛くて、マジエミリアたんEMT。クソッタレばかりの大罪司教たちをスバル達は倒すことが出来るのか。オットーの運命は?アルやユリウスの不審な動きは一体?次巻が待ち遠しい限りだ。

  • まるぼろ さん

    さて今巻、都市庁舎奪還作戦が失敗に終わり、再起を図るも暗いムードが漂う中、スバル達はある一手を用いて市民に呼び掛ける事に…と言うお話です。今巻もエミリアの事やスバルやクルシュに掛けられた「竜の血」の事、ラインハルトとヴィルヘルムさんの確執にも繋がるある人の事…などなど、ページ数以上に凝縮された内容となっておりました。そんな中でもエミリアやスバルが思った以上に前向きだったのや、そんなスバルを前にガーフを筆頭に一同も気を持ち直したのは良かったと思いました。そんな中でやけに意味深な→

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

長月達平

ライトノベル作家。1987年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

長月達平に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品