上海一〇〇年 日中文化交流の場所

鈴木貞美

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784585290490
ISBN 10 : 4585290494
フォーマット
出版社
発行年月
2013年01月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
李征 ,  
追加情報
:
281p;20

内容詳細

戦前・戦後にまたがり日中文化交流の場であった上海。上海を描いた芥川龍之介、横光利一、晩年を過ごした田村俊子、戦後の上海で生活をした堀田善衞ら作家たちの姿や、雑誌や翻訳事情などを発掘。日中双方の研究者によって、いまだ未解明な部分が多い近代東アジアの実像に迫る。

目次 : 「上海一〇〇年」に寄せて(知られざる日本の親中国派と上海)/ 清末民初の日中交流(清末民初の上海文明戯と日本―日中間を往復する演劇人たち/ 芥川龍之介と上海―中国体験のもう一面/ 劉吶鴎と「新興文学」―マルクス主義文芸理論の受容を中心として)/ 横光利一『上海』をめぐって(横光利一『上海』論のために―言語都市“上海”とその“日本”をめぐる表象の歴史性/ 横光利一『上海』と映画表象)/ 田村俊子という存在(日本占領下の上海文壇―田村俊子の足跡を中心に/ 田村俊子の一九三九年―日本から中国へ)/ メディアと文学(上海の日本語雑誌メディア―『上海消息』/ 占領期上海で翻訳紹介された日本文学―章克標訳『現代日本小説選集』収録作品の初出を読む/ 太平洋戦争期の「日華交流」と上海発の文学―『上海時代』と黒木清次「棉花記」から)

【著者紹介】
鈴木貞美 : 国際日本文化研究センター教授。東京大学文学部仏文科卒。日本近現代文芸文化史の再編を進め、国際的に活躍

李征 : 復旦大学準教授。瀋陽大学日本語科卒。専門は、日本近現代文学、比較文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

鈴木貞美

1947年生まれ。東京大学文学部仏文科卒。学術博士。人間文化研究機構/国際日本文化研究センター名誉教授。編著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品