登紀子ばぁばのお料理箱 今、伝えたい「和」のこころ 2 おだしが味の基本

鈴木登紀子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566030688
ISBN 10 : 4566030687
フォーマット
出版社
発行年月
2020年02月
日本
追加情報
:
48p;31

内容詳細

目次 : だし(だしを取ってみよう/ だしを取ったら汗物を作ります/ だし汁はめん類や煮物、あらゆるものに使います ほか)/ 切る(見ても食べてもおいしく美しく 材料を切ってみよう/ いろいろな野菜の切り方/ 私の母、お千代さんが教えてくれた台所仕事の楽しみ)/ 道具(料理を作る道具のいろいろ/ 道具を長く使い続けるための知恵)

【著者紹介】
鈴木登紀子 : 日本料理研究家。1924年青森県八戸市生まれ。自宅で主宰した料理教室をきっかけに、46歳で料理研究家としてデビュー。以来、現在も料理教室を続けるかたわら、テレビや雑誌などで活躍。料理番組「きょうの料理」への出演は40年を超え、ばぁばの愛称で親しまれている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • joyjoy さん

    出汁を丁寧にとりたくなる。揃える道具のなかに味見用の器が!! そこから真似してみたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

鈴木登紀子

日本料理研究家。1924年青森県八戸生れ。自宅で主宰した料理教室が評判を呼び、46歳で料理研究家としてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品