もう明日が待っている

鈴木おさむ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163918211
ISBN 10 : 4163918213
フォーマット
出版社
発行年月
2024年03月
日本
追加情報
:
280p;20

内容詳細

放送作家・鈴木おさむが引退と同時に贈る、覚悟の一冊。
これは「小説SMAP」である。

メンバーの脱退、トップアイドルのまさかの結婚、
東日本大震災発生10日後の生放送、誰にも言えなかった苦悩、戦い。
国民的スターとして沢山の夢や希望をもたらしてきた彼らの全てが、
たった一夜の「放送」で壊れていった。
そして日本中が悲しんだ解散――。

大ヒット番組「SMAP×SMAP」の放送作家として
20 年以上彼らと走ってきた著者にしか書けなかった、
奇跡の物語がここに完成した。

月刊「文藝春秋」に掲載され、
「小説SMAP」と呼ばれて大きな話題を呼んだ3篇に
新たな書き下ろしの章を大幅に加えた本作は、
2024年3月31日をもって放送作家を引退する著者が贈る、覚悟の一冊。
「明日」を望むすべての日本人に向けた作品となっている。
なお、本書の著者印税はすべて能登半島地震の義援金として寄付されます。

【鈴木おさむ氏からのメッセージ】
僕は2024年3月31日をもって、32年間やってきた放送作家を辞めます。
辞めると決めた後に、この「小説」を出そうと、書き切ろうと思いました。
誰かが記して残さないと、物語は消えていきます。だから僕が僕の目で見た真実を記して、放送作家を辞める時に刊行すると決めました。
このタイミングでしか、この小説を世に出すことは出来なかったと思います。
日本一有名な彼ら5人と、一緒に作り戦ってきた仲間たちとの物語を、自分の魂を削り、泣きながら書き上げました。
ずっとずっと読み継がれてほしい、
新たなテレビ文学が出来たと思っています。

目次

第1章 素敵な夢をかなえておくれ
第2章 あれからぼくたちは
第3章 世界で二番目にスキだと話そう
第4章 1・2・3・4 FIVE RESPECT
第5章 WELCOME ようこそ日本へ
第6章 とってもとっても僕のBEST FRIEND
第7章 くじけずにがんばりましょう
第8章 20160118
第9章 もう明日が待っている

【著者紹介】
鈴木おさむ : 1972年4月25日、千葉県生まれ。19歳で放送作家デビュー。バラエティーを中心に、数多くのヒット番組の企画・構成・演出を手がける。映画・ドラマの脚本や舞台の作・演出、映画監督、エッセイ・小説の執筆等、様々なジャンルで活躍。2024年3月31日に放送作家を引退(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    RealSMAP小説ということで読みました。鈴木 おさむ、初読です。著者目線でのSMAP史物語、著者のみが知っているサプライズや裏話があれば、もっと良かった思います。 このレビューは、SMAP 世界に一つだけの花を聴きながら書きました♪ https://www.youtube.com/watch?v=qCFicvdFLmw https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163918211

  • ヒロ さん

    SMAP×SMAPのドキュメンタリーという感じで、鈴木おさむさんの視点から語られていて、リアルさがもうほんとに凄かったです。森君の脱退からキムタクの結婚から解散まで、近くで見てきた人でないと書けないような内容で、読んでいて驚くことがとにかく多い内容でした。やっぱりSMAP×SMAPは自分もよく見ていたし、コントとかすごく好きだったので、その裏側でどんなやり取りがあったのか知れて、改めて当時の事を懐かしく思えました。

  • みかん🍊 さん

    SMAPと20年番組を作り続けた鈴木さんだがら書けた本、森君の脱退やキムタクの結婚、東日本大震災と様々な出来事の中第一線を走り続けた彼らの軌跡と解散を決定づけたあの謝罪放送の裏側、なんとしてもグループを守りたかったリーダーやばらばらの様で固く信頼して結びついていた彼らを破壊した事務所には未だに怒りがわく、これは小説だがかなりリアルが入っている、あの時鈴木さんが放送作家として終わったと思った瞬間が哀しかった、大ファンという程でもなかったがあの頃の事を思い出しながら涙しながら読んだ。

  • chimako さん

    SMAPが好きだった。義妹の推しで豊田スタジアムのコンサートに連れていってくれた。その場でファンクラブにも入った。その後何回もコンサートに出掛け団扇を振り、ペンライトを揺らし、ドラマも映画もせっせと観た。いろんな事に疲れてしまっていたあの頃、SMAP×SMAPは確かにオアシスだった。つまらないと感じ観なくなった時期もある。そんなに時の5人旅、その後の震災、解散。SMAPが失くなることを消化しきれずボーッとした日々を思い出す。解散後の新しい風の3人の映画。炭焼きを生業とするゴローちゃんが良かった。コメントへ

  • ミナミハハ さん

    SMAP ファンとしては絶対読まねばと使命感に駆られ手に取る。あの頃に一瞬で引き戻される。メンバーは全員、国民的アイドルSMAP を愛し守ろうとしただけ、最低な大人に引き裂かれ潰されたんだ。悔しさに涙ぐみながら読んだ。著者の苦悩と無念さを受け取りました。あくまで小説ですが…。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

鈴木おさむに関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト