警視庁公安J 徳間文庫

鈴峯紅也

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784198940515
ISBN 10 : 4198940517
フォーマット
出版社
発行年月
2015年12月
日本
追加情報
:
517p;15

内容詳細

公安捜査官として活躍する小日向純也にはとある過去が……。警察小説のニューヒーローが誕生!

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
公安ではない公安 幼いころテロに巻き込ま...

投稿日:2021/04/25 (日)

公安ではない公安 幼いころテロに巻き込まれるも発見されキャリア官僚として警察官となった現職総理の息子である小日向純也。 高校時代公安の行確対象となるも監視者を手玉にとり3人の仲間を得分室Jを立ち上げる。公安の一部でありながら独立して活動し公安ではない。 話のオチはありそうなところではあるが、続編も読みたくなる

ヤックン さん | 岡山県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おいしゃん さん

    公安の中でも訳ありな分室を舞台にした、500ページ以上の長編。初めは登場人物の多さ、中盤は追いかけている宗教団体に北朝鮮が絡んできたり、スケールの大きさに、何度も挫折しそうになった。読み終わる頃になって、分室のメンバーのコミカルな掛け合いも馴染んできて、なんとか読了。

  • keith さん

    ありあまる金とキャリアという権力を持ち、さらに主人公に心酔している有能な部下や友人がいるなら、そりゃあ何でもうまくいくよなあ。

  • み さん

    感想を読んで気になった作品。う〜ん、ちと読みにくかったです、文章かな?濱さんの黒田さんが浮かびました、ってことは何作か読めば慣れるかも。祖母さんステキでした(^^)

  • 緋莢 さん

    警視庁公安部公安総務課、庶務係分室の分室長にして理事官である小日向純也。警察庁のキャリアとしての道を進む純也は、ある日、親しい女性・木内夕佳が何者かに殺害されたと知らされる。しかも、彼女の乗っていた車は爆破されていた。その背後に新興宗教「天敬会」と女性斡旋業「カフェ」の存在がある事を知った純也は、仲間たちと共に捜査を進めるが・・・

  • shi− さん

    う〜ん、私はあまり好みではなかったかも!? いまひとつののめり込めなかった。 主人公の漫画ばりのキャラなのに、ストーリーがストーリーだけに、割り切り切れず中途半端な印象。 シリーズ他作品を読んだらまた違うのかな?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

鈴峯紅也

1964年、千葉県生まれ。ライター歴二十年の後、2015年12月、デビュー作『警視庁公安J』で一躍有名作家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品