韓国仏教史

金龍泰

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784393118238
ISBN 10 : 4393118235
フォーマット
出版社
発行年月
2017年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
214p;20

内容詳細

伝来から現代までの1700年に及ぶ朝鮮半島における仏教の歴史を簡明な文章で解説。中国・日本にも影響を与えた韓国仏教の全貌を明らかにする。

目次 : 序論(仏教の成立とインド仏教の展開/ 仏教の東アジア伝来と宗派の成立)/ 本論 韓国仏教史(三国時代―仏教の受容と拡散/ 統一新羅時代―仏教の大衆化と教学の隆盛/ 高麗時代―仏教の隆盛と禅・教宗の共存/ 朝鮮時代前期―儒仏交替の時代性と抑仏の展開/ 朝鮮時代後期―仏教の存立と伝統の継承/ 近代―植民地仏教の屈折と近代性の模索/ 現代―植民地遺産の清算と正統性の探索)

【著者紹介】
金龍泰 : 1970年ソウル生まれ。ソウル大学国史学科卒業、東京大学大学院修士課程修了、ソウル大学大学院博士課程修了。博士(文学)。専攻は韓国仏教史(朝鮮時代、近代)。現在、東国大HK(Humanities Korea)教授/韓国仏教融合学科(大学院)教授

蓑輪顕量 : 1960年千葉県生まれ。東京大学大学院博士課程満期退学。博士(文学)。現在、東京大学大学院教授

佐藤厚 : 1967年山形県生まれ。東洋大学大学院博士後期課程修了。博士(文学)。現在、専修大学ネットワーク情報学部特任教授。専攻は韓国仏教、華厳教学、井上円了を中心とする近代日本仏教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

金龍泰

1970年ソウル生まれ。ソウル大学国史学科卒業、東京大学大学院修士課程修了、ソウル大学大学院博士課程修了。博士(文学)。専攻は韓国仏教史(朝鮮時代、近代)。現在、東国大HK(Humanities Korea)教授/韓国仏教融合学科(大学院)教授

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品