「分とく山」野崎洋光の一汁三菜 旬の食材と、おいしく調理するコツがわかる四季の献立

野ア洋光

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416713075
ISBN 10 : 441671307X
フォーマット
出版社
発行年月
2013年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
151p;26

内容詳細

季節と旬を感じながら日本食をもっと楽しむ「分とく山」野崎洋光が伝えたい「一汁三菜」。今流の調理法で作る、目からうろこの料理ばかりです。

目次 : 春(三月の献立/ 四月の献立/ 五月の献立)/ 夏(六月の献立/ 七月の献立/ 八月の献立)/ 秋(九月の献立/ 十月の献立/ 十一月の献立)/ 冬(十二月の献立/ 一月の献立/ 二月の献立)

【著者紹介】
野崎洋光 : 1953年福島県生まれ。東京グランドホテル、八芳園を経て、ふぐ料理店「とく山」の料理長に就任。1989年「分とく山」を開店。食材を生かした心温まる料理の数々に魅了される人も多く、ミシュランガイド東京では二ツ星を獲得。現在は5店舗を総料理長として統括。テレビや雑誌などのメディアでも活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • BEAN STARK さん

    たけのこ餅。たけのこ80gはすりおろす。白玉粉80g、砂糖大さじ1、たけのこを混ぜる。水を加えてこねて耳たぶのやわらかさにまとめる。棒状にして切り、丸くこねて真ん中をくぼませ、揚げる。抹茶1砂糖2で合わせた抹茶糖を添える。よもぎ餅のよもぎは葉先を摘む。重曹の湯でゆでるが、春先の新芽なら重曹は使わない。S

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品