ゴールデンカムイ 27 ヤングジャンプコミックス

野田サトル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088920740
ISBN 10 : 4088920740
フォーマット
出版社
発売日
2021年09月17日
日本
追加情報
:
218p;19

内容詳細

「アシリパ確保!! 全員で死守だ」 刺青暗号は全て出揃い、鍵は第七師団へと渡ってしまった。取り戻すべく突進する杉元は、海賊房太郎と激突、どちらかが死ななければ収まらない!? 死闘が始まる!! 鶴見を追う土方一味、ソフィア率いるパルチザン。刺青争奪戦はアシリパ奪還戦へ!!! 金塊目指して狂った犬の様に走れっ!!!! 始まりの謎が明かされるタイトルコールな第27巻!!!!!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ムッネニーク さん

    79冊目『ゴールデンカムイ 27』(野田サトル 著、2021年9月、集英社) 物語の始まりでもある、あの日の真実が紐解かれる。タイトルも回収され、ついにクライマックスへの序奏が始まったという感じ。各人の狂気に総毛立つ。 「いわば… ゴールデンカムイか」

  • Die-Go さん

    すごいことになってきました。タイトルの謂れも、初めからの伏線の回収も鶴見によってなされてしまう。ほんとにこの通りなんだろうか?部下が盗み聞きしてるのをわかっててのことかも??と勘ぐってしまいます。いや、とにかく面白い。白石が表紙なのに、今のところ戦力外なのがまた。★★★★☆

  • 明智紫苑 さん

    鶴見中尉の口から語られるタイトルの意味。「神」としての「資本主義」を暗示するのか?

  • 眠る山猫屋 さん

    タイトル回収巻、黄金の神は有益にも邪悪にも転ぶのか。入れ墨人皮争奪戦が終わり、アシリパが事態の中心に。ボウタロウの扱いが酷いよ。と思ってたら杉元と白石までズボンと・・・(苦笑)後はシリアスな鶴見の独壇場。ソフィアとの因縁、カリスマ・ウイルクの失敗。鶴見の“毒”は物語の始まりから仕込まれていたのか。一喜一憂していた月島と鯉登がかわいい。揺さぶられたアシリパさんの苦悩が響く。

  • るぅ さん

    房太郎…白石を守って…かっこいいよ(ノД`)前巻に続き情報が多すぎて感情が追いつかねぇ(゚Д゚≡゚Д゚)そしてついにタイトル回収!!ラストスパートか?!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

野田サトルに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品