余白の美 酒井田柿右衛門 集英社新書

酒井田柿右衛門

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087202670
ISBN 10 : 4087202674
フォーマット
出版社
発行年月
2004年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
18cm,254p

内容詳細

江戸前期に始まり、世界の陶磁器に影響を与えた名門窯・柿右衛門。12代の祖父、13代の父から伝統と工房を受け継いだ人間国宝である14代当主が、至高のやきものを支えてきた職人芸を人間味豊かに語る。

【著者紹介】
十四代酒井田柿右衛門 : 1934年佐賀県有田町生まれ。多摩美術大学日本画科卒業。1971年、日本工芸会正会員となる。1982年十四代柿右衛門を襲名。2001年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。2002年、日本工芸会常任理事に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 壱萬弐仟縁冊 さん

    除籍本。8頁分巻頭カラー写真。赤絵、余白、濁手の総合が柿右衛門様式(22頁)。奥村土牛先生も登場(55頁)。結婚式の写真では、どうも銀閣寺の背景がみえる(69頁)。修学旅行で行ったのを思い出す。赤絵の端緒は、伊万里の東島徳左衛門が長崎でしいかんという唐人から伝授(84頁)。86−87頁は酒井田家の歴史が一覧できる年表。濃(だ)み(137頁〜)。「窯焼きは世話焼き」(150頁)。してみれば、家庭教師のような世話焼きでいいなら、職人になる素質はあるかもな(苦笑)。赤は2種類。濃いのと薄いのを使う(170頁)。

  • たな さん

    作家と職人の違い、職人集団としての柿右衛門、12代から14代にかけての歴史などについて語られている。職人に称号を与えるだけではなく、今の工芸品を維持できる様な工夫を文科省は考えているのだろうか。

  • nizimasu さん

    日本の工芸において圧倒的な格を誇る柿右衛門。先日、このインタビューに登場する14代は亡くなられて、NHKの100年インタビューで放送されていた。美術と工芸の差というのは、そのモノに対するこだわりやイディアみたいなものが厳然とある点において、美術家とはかなり違う。そして工房というシステムについても言及していてそれぞれの過程に、専門家がいる。そして代ごとに、得意の行程も違う。いや、日本の美を考える上でkれほど、理路整然とはなされる14代の言葉が残されていてよかったとつくづく思うばかり。感激しました

  • てっしー さん

    こういう、職人の語り下ろしって、いいなあ。とりとめなくて話はあっちこっちいくけれど(笑)以下、引用「『最近、少しずつ慣れました』って職人が言ってますけど、『慣れんでいい』『慣れるなよ』と私は言っているんですがねぇ」「『誰でも』って言いましたけど、ちょっとは熟練しないと駄目ですよ(笑)まあ、十年とか二十年とか。ハハハハハ」「絵にしてはいけないんですね。図案でもいけないしスケッチそのものでもいけない」「職人っていうのは個性があってはいけないんです」「ヘラの跡が見えるというのはやっぱりいいですよ」

  • Kazuo Ebihara さん

    十四代柿右衛門が初めて語った 色絵磁器「柿右衛門」の世界。 第一章は「わたし」 祖父、父、自身の生い立ち。 第二章は「つくる」 有田焼工房の仕事、工程を紹介。 第三章は「あじわう」 骨董品から、自作品まで解説した。 近年、材料から不純物が取り除かれ、 やきものに、いい味や、表情を出しづらくなったと憂う。 工房という名のプロ集団による 伝統の継承と、新しい美の探求。 柿右衛門様式は、 「赤絵」「余白」「濁手・にごしで」にあると云う。 柿右衛門窯の創作の秘密を知ることが出来た。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

酒井田柿右衛門

1934(昭和9)年8月佐賀県有田町生まれ。1958年多摩美術大学日本画科卒業。1982年10月第十四代柿右衛門を襲名。日本工芸会理事、重要無形文化財保持団体(総合指定)代表に就任。1999(平成11)年九州産業大学大学院芸術研究科専任教授就任。(平成22年6月より名誉教授)2001年7月重要無形文

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品