風神の手 朝日文庫

道尾秀介

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784022649775
ISBN 10 : 4022649771
フォーマット
出版社
発行年月
2021年01月
日本
追加情報
:
504p;15

内容詳細

遺影が専門の写真館「鏡影館」。その街を舞台に、男子小学生から死を目前に控えた老女まで、様々な人物たちの人生が交差していく―。数十年にわたる歳月をミステリーに結晶化する、技巧と世界観。道尾秀介にしか描けない、その集大成といえる傑作長編小説。

【著者紹介】
道尾秀介 : 1975年東京都生まれ。2004年『背の眼』でホラーサスペンス大賞特別賞を受賞し、デビュー。07年『シャドウ』で本格ミステリ大賞、09年『カラスの親指』で日本推理作家協会賞、10年『龍神の雨』で大藪春彦賞、同年『光媒の花』で山本周五郎賞、11年『月と蟹』で直木賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    久しぶりの道尾さんの文庫です。中編くらいの三つの話が収められていて時間は異なるのですがある地域の二つの町の人物たちが出会い話をつむいでいくのですが、ちょっとした誤解や小さなウソがポイントとなります。最後にはその話がうまく収まるような感じで読む方としては道尾さんらしいと感じました。

  • H!deking さん

    おーし、これこれ!道尾秀介作品はほぼほぼ読んでて、好きなのもそうでもないのもあるけど、これは好きなやつです!めちゃくちゃ面白かった!風はどこから発生して、誰にどんな風に影響及ぼすのか。詳しい話しは置いといて、とにかくこれはおすすめ!

  • スカラベ さん

    時間軸を違えつつ3つのエピソードが綴られる。最初の章で、ある人がついた嘘がそれぞれの人たちの運命を翻弄し変えていく。エピローグでは3つの章が結び付くが、でもその行く末はいくつもの偶然が重なり合ったものであり、どれか1つでも生じなかったらそれは違う結果を導き出していた。自分もこの世に生を受け存在しているのは様々な偶然が蓄積されたから・・・そんなことを思わされた。最後に地球上で発生する風の始まりに言及されるが、この物語においてその始まりは1つの嘘だった。自分の人生において最初の風は何だったんだろう?

  • ピース さん

    あの時あれを選らばなければ…あの時あんなことがなければ…自分の人生は全く違ってただろう。しかしこれを選んだから、こんなことがあったから今がある。ある意味考えても仕方ないことなんだけど。確かに最高のシチュエーションになってたなら源哉と歩実の二人は生まれてこなかったけど、現実には二人は生まれた。そして出会った。たまたま偶然 に。この現実の重さをひしひしと感じる話だった。

  • Junichi Yamaguchi さん

    『嘘つき』… 風の悪戯は、人生にドラマを起こす。 今、頬を撫でる風は何を起こすのだろうか? この先、良いも悪いも沢山の偶然と出会うだろう。 その偶然を抱えて、「生まれてきて良かった」と思える人生を歩みたい。。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

道尾秀介

1975年東京都生まれ。2004年『背の眼』でホラーサスペンス大賞特別賞を受賞し、デビュー。07年『シャドウ』で本格ミステリ大賞、09年『カラスの親指』で日本推理作家協会賞、10年『龍神の雨』で大藪春彦賞、同年『光媒の花』で山本周五郎賞、11年『月と蟹』で直木賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品