大砲とスタンプ 9 モーニングkc

速水螺旋人

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065199077
ISBN 10 : 4065199077
フォーマット
出版社
発売日
2021年01月21日
日本
追加情報
:
256p;19

内容詳細

大公国本国で革命勃発! 新政府は戦線離脱を決めるもアゲゾコの兵たちは取り残され……兵站軍の戦いがついに完結。単行本だけの描き下ろし譚を収録!

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
なんとなくロシアっぽい軍隊の兵站担当の人...

投稿日:2021/02/28 (日)

なんとなくロシアっぽい軍隊の兵站担当の人々のお話。日本で「兵站」というととにかく食べ物や武器弾薬を持ってけばいいみたいに思われているが、この漫画ではもっと大きく、兵隊の人間性そのものを守る使命を託されている。メルヘンな絵柄で描かれたキャラがリアルに痛めつけられ死んでいく、手塚治虫直系の戦争マンガの傑作だと思う。

tm さん | 静岡県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 美周郎 さん

    人の命がひたすら脆い、重さに差はなく等しく脆い。別れも感慨もなく死んでゆく、こういう作品だったのか。お気楽戦線異常なしからお気楽が取れた最終巻だった、これを踏まえて頭から読み返そう。

  • もるもる さん

    堂々の最終巻は怒涛の展開。諸行無常の詰め合わせ。良いマンガでした。

  • みやしん さん

    急転直下。戦争モノだから是非もないが、メジャー級登場人物の多くが無情にも退場していく。アイツは人を殺しすぎた。巻末に生存者達の悲喜こもごもなその後が伝えらるけど、誰だっけ?って人も。大佐(少将)の旦那さんの登場が叶わなかった。

  • へ〜ジック さん

    いっぱい死んで、いっぱい戦って、いっぱい逃げた。どっか「どうせ人生こんなもん」と諦めちまったような連中のケツを責任もって引き受けて、でも結局はなるようにしかならなくて。最後に残った感想は「お疲れさん!ビール飲め!」の一言だった。

  • Myrmidon さん

    ぐごご、傑作。前にも感想として書いた気がするが、リアルで冷酷な部分とスラップスティックでデタラメなノリが、しっかりした脚本に支えられてるのは奇跡のバランスですよ。まさに速水螺旋人センセイの真骨頂。あとやっぱり自分としては、どこか漂うTRPGのシナリオ感がたまらんです。ああ、こんなシナリオ参加したい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品