贖罪論とその周辺 組織神学の根本問題 2

近藤勝彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784764273801
ISBN 10 : 4764273802
フォーマット
出版社
発行年月
2014年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22

内容詳細

伝道の危機における最重要テーマ。古代より組織神学の根本問題として扱われた贖罪論は、聖書・歴史・信仰・サクラメントなど神学のあらゆる分野に関わり、いまなお熱く議論されるテーマである。教会と信仰継承の危機にある現代のキリスト者にとって、贖罪論とは何か?教父・宗教改革者・近現代の神学者らの言説を検証しつつ、キリスト教の中心教理の現代的な再定義を試みる論文集!

目次 : 第1部 贖罪論の再考(キリスト教のアイデンティティと贖罪論/ 十字架と神の国/ 贖罪論と三位一体論)/ 第2部 贖罪論史の再検討(アタナシオスの贖罪論とアンセルムスの贖罪論―古代と中世の場合/ ルターの贖罪論/ カルヴァンの贖罪論 ほか)/ 第3部 贖罪論の周辺(律法と福音―救済史的転換とキリスト教的アイデンティティ/ 和解と救済/ 洗礼、その神学と生活 ほか)

【著者紹介】
近藤勝彦 : 1943年、東京に生まれる。東京大学文学部卒業、東京神学大学大学院修士課程修了、チュービンゲン大学に学ぶ。神学博士(チュービンゲン大学)。東京神学大学教授、学長を経て、同大学名誉教授。日本基督教団銀座教会協力牧師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品