海から読み解く日本古代史 太平洋の海上交通 朝日選書

近江俊秀

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784022631008
ISBN 10 : 4022631007
フォーマット
出版社
発行年月
2020年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
240p;19

内容詳細

日本の太平洋沿岸には、海と共に暮らした海人の文化が根づいている。彼らの足取りを追うのは容易ではないが、断片的な文献史料や海・川沿いの遺跡・遺物の分布などを丁寧に見ていくと、時代ごとの海の道が現れる。縄文時代には貝の道が北上し、弥生時代には稲の道が南下し、古墳時代には寒流・暖流の交わる北上川河口部を結節点として、北と南の文化がつながっていた。太平洋、日本海を問わず、津々浦々に形成された天然の良港、ラグーンを介して海人たちは活発に往来し、やがて奈良時代には紀伊半島から陸奥国へ、また紀伊半島から瀬戸内海を通って九州へ、東南アジアへとつながっていく。海の道から各地の歴史を見つめ、古代史の新たな一面をよみがえらせる。

目次 : 第1章 海辺の町で見つかった南北交流の痕跡―石巻の遺跡/ 第2章 海の道を探る手がかり―文献史料からのアプローチ/ 第3章 太平洋航路を復元する―寄港地はどこか/ 第4章 蝦夷戦争と海上交通―軍事利用された海の道/ 第5章 太平洋を行き交う人々―七世紀の太平洋航路と担い手たち/ 終章 太平洋から見た日本古代史

【著者紹介】
近江俊秀 : 1966年宮城県生まれ。文化庁文化財第二課主任文化財調査官。奈良大学文学部文化財学科卒。奈良県立橿原考古学研究所研究員を経て現職。専門は日本古代交通史。主な著書に『道が語る日本古代史』(古代歴史文化賞なら賞、朝日選書)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 月をみるもの さん

    冒頭が、筆者が高校生の時に体験した石巻の五松洞窟遺跡 ( https://twitter.com/bamboo4031/status/1279275674394431488 ) の発掘話だったので、てっきり考古学の本だと思ってしまったのだが、どちらかと言えば文献よりの内容だった。海洋民の歴史ということでは、前に読んだ「装飾古墳と海の交流」 ( https://bookmeter.com/reviews/83534579 ) と、時代的にも手法的にも相補的になっているので、合わせて読むことで面白さが増す。

  • てぃうり さん

    海賊知りたくて読んだけどあまり。海上交通については勉強になった。

  • onepei さん

    まだはっきりしていないことが多いのだな

  • takao さん

    東北の太平洋航路

  • 田中秀哉 さん

    古代の海の道、特に太平洋航路を解き明かそうとしたものですが、イマイチ解りにくかったです

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品