世界は贈与でできている 資本主義の「すきま」を埋める倫理学

近内悠太

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784910063058
ISBN 10 : 4910063056
フォーマット
発行年月
2020年03月
日本
追加情報
:
256p;19

内容詳細

2020年最有望の若き哲学者、「希望」のデビュー作
一見当たり前に存在しているこの「世界」の成り立ちを、「贈与」や「言語」、「常識」の成り立ちを通して説き起こした鮮烈なデビュー作。人間の「こころ」の力動の機微をとらえる近内さんのセンスには肌の温かさと機械の精緻さがある。ウィトゲンシュタインと小松左京の本書を通しての出会いは思考世界における一つの「事件」。社会の見え方を一変させ、前向きに生きるために、この本を処方せよ!
―――茂木健一郎(脳科学者)

著者プロフィール
近内 悠太 (チカウチ ユウタ) (著/文)
1985年神奈川県生まれ。教育者。哲学研究者。
慶應義塾大学理工学部数理科学科卒業、日本大学文学研究科修士課程修了。専門はウィトゲンシュタイン哲学。リベラルアーツを主軸にした総合型学習塾「知窓学舎」講師。教養と哲学を教育の現場から立ち上げ、学問分野を越境する「知のマッシュアップ」を実践している。本書がデビュー著作となる。

【著者紹介】
近内悠太 : 1985年神奈川県生まれ。教育者。哲学研究者。慶應義塾大学理工学部数理科学科卒業、日本大学大学院文学研究科修士課程修了。専門はウィトゲンシュタイン哲学。リベラルアーツを主軸にした総合型学習塾「知窓学舎」講師。教養と哲学を教育の現場から立ち上げ、学問分野を越境する「知のマッシュアップ」を実践している。『世界は贈与でできている―資本主義の「すきま」を埋める倫理学』がデビュー著作となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • emuuwaii さん

    交換がベースの資本主義の世界の中で、贈与のあり方と働きについて考える本。被贈与の気づきが贈与の流れのはじまりであること。贈与は時として「呪い」として機能すること。アンサングヒーローのこと。贈与と交換の両者を混ぜ合わせた社会を作り直す道があることなどなど。普段の自分の仕事に関する連想がたくさん浮かびました。また「宛先としてただそこに存在する」という贈与の次元があるという指摘があり、なるほどと腑に落ちました。今読まれるべき本。面白かった。

  • Sam さん

    いわゆる「ミレニアル世代」の思潮を体現するような書なのかなと思いました。哲学の書として興味深く読みましたが、交換を等価にしないための贈与の価値」というようなところにビジネスを考えるうえでのヒントを得た(ような気がする)ことが一番の収穫と感じてしまった自分は根っからの(寂しい)仕事人間てことかも。

  • ATS さん

    資本主義社会ではあらゆるものが商品化する。人でさえ労働力として商品と化す。そんな競争的な社会で贈与を意識することが大切であると指摘する(そもそも資本主義ゆえに贈与の存在が顕在化する)。新自由主義的な思想が広まり、今だけ今だけ金だけ自分だけという価値観が主流となりつつある。しかし今の自分があるのも先人たちの贈与があったためであることを忘れてはならない。道路も水道も学校も電気も突然現れたわけではないのである。本書の贈与論は新自由主義的な思想に対向するための有力な武器であり教養になるのではないかと思った。

  • aof さん

    読みやすくておもしろい。 けど、前半はモースの贈与論を、後半はヴィトゲンシュタインの言語ゲームを噛み砕いてくれただけで、驚きがなかった感じ。テキストについてのテキストを産み出してるだけみたいな。 驚きのあるような論者ってなかなか出てこないのかなぁ。

  • クリスモンテス さん

    岩野卓司の贈与論もこの本も前に読んでいて、この本の軽いが深い像がとても私には理解しやすかった。贈与によって突き動かされる/突き動かされてしまう、使命。これは、個人化や断絶、自己責任という悲しい現実から抗うことである。ボランタリーとか自己欺瞞とか自己犠牲とかそういうことではなく、受け取ってしまったことを次に渡そうということ、そういうものを湧きあがらせる自己により成長しなければならない。それが勉強。違和感を覚えること、合理的にならないこと、決めないこと。この本からの贈与を誰かにしっかり受け渡すこと。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

近内悠太

1985年神奈川県生まれ。教育者。哲学研究者。慶應義塾大学理工学部数理科学科卒業、日本大学大学院文学研究科修士課程修了。専門はウィトゲンシュタイン哲学。リベラルアーツを主軸にした総合型学習塾「知窓学舎」講師。教養と哲学を教育の現場から立ち上げ、学問分野を越境する「知のマッシュアップ」を実践している。

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品