島はぼくらと

辻村深月

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062183659
ISBN 10 : 406218365X
フォーマット
出版社
発行年月
2013年06月
日本
追加情報
:
329p;20

内容詳細

直木賞受賞、第一作待望の書き下ろし長編

旅立ちの日は、もうすぐ。
別れる時は笑顔でいよう。

瀬戸内海の小さな島、冴島。
島の子はいつか本土に渡る。
17歳。
ともにすごせる、最後の季節。

母と祖母の女三代で暮らす、伸びやかな少女、朱里。
美人で気が強く、どこか醒めた網元の一人娘、衣花。
父のロハスに巻き込まれ、東京から連れてこられた源樹。
熱心な演劇部員なのに、思うように練習に出られない新。

島に高校がないため、4人はフェリーで本土に通う。
「幻の脚本」の謎、未婚の母の涙、Iターン青年の後悔、
島を背負う大人たちの覚悟、そして、自らの淡い恋心。
故郷を巣立つ前に知った大切なこと――すべてが詰まった傑作書き下ろし長編。

【著者紹介】
辻村深月 : 1980年2月29日生まれ。千葉大学教育学部卒業。2004年に『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。『ツナグ』(新潮社)で第32回吉川英治文学新人賞、『鍵のない夢を見る』(文藝春秋)で第147回直木三十五賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
直島に行ったから島本を1冊。瀬戸内海の離...

投稿日:2018/12/11 (火)

直島に行ったから島本を1冊。瀬戸内海の離島に暮らす4人の高校生の青春小説。学校を卒業すれば島を出る者、島に残る者、それぞれの将来への葛藤と、島への想い。

太陽の塔 さん | 大阪府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 遥かなる想い さん

    辻村深月が描く17歳の世界。 舞台は瀬戸内の冴島で、 Iターン組、未婚の母親が 多いという設定は著者の 意図なのだろうか。 出ていくことを前提と した若者たちの描く夢は、 島に対する愛着にあふれており、 辻村深月の作風が変わって きている…村の人々との心の交流に 軸を置いた、心暖まる本だった。

  • めろんラブ  さん

    もうすぐ別れの季節がやってきます。旅立つ人、見送る人、それぞれの想いは濾過された来し方を投影して、不確実な行く末の予感をもはらむように思います。本書で描かれる別れは希望ある未来と同義であり、それが綺麗事に留まらず説得力を持っているのは、装画にある4人の高校生の抱える葛藤に丁寧に寄り添っているからでしょうか。これから数え切れないほどの別れを準備しているであろう若い方々におすすめしたい爽やかな一冊。白でも黒でも、辻村さんの作品は読み応えのあるものが多いのですが、本書は少々あっさり目。軽やかさ重視の印象でした。

  • しゅわ さん

    【図書館】2014年本屋大賞ランクイン作品&『ツナグ』の辻村さん…という程度の知識で手にとりました。ある島に住む高校生4人の淡い恋心を中心に、島を背負う大人達の覚悟、Iターンで島に集まった人達の葛藤、シングルマザーの事情などなどが描かれてます。最初に出てきた“幻の脚本”の謎と事情がラストでわかるあたり…ちょっと出来すぎだけど良かったです♪ 母子手帳に対する島の母親たちの思いには泣かされました。かなり濃い人間関係&なんだかんだいいつつ悪人はいない島の生活…大変だけど楽しそう。

  • 扉のこちら側 さん

    初読。作者お得意の停滞した田舎町を舞台に、停滞しない少年少女が描かれている。脚本の盗作が話にもっとからむかと思ったが、あっさりスルーされてしまった。環や大事な人の故郷=コウちゃんの故郷福島という件もよい。

  • ダイ@2019.11.2〜一時休止 さん

    スロウハイツや光待つ場所へなんかと相関あり。4人の同級生の物語で、最後に驚きの展開がイイ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

辻村深月

1980年2月29日生まれ。千葉大学教育学部卒業。2004年に『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞し、デビュー。’11年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、’12年『鍵のない夢を見る』で第147回直木賞、’18年『かがみの孤城』で第15回本屋大賞受賞(本データはこの書籍が刊行さ

プロフィール詳細へ

辻村深月に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品