子どもたちは夜と遊ぶ 下 講談社文庫

辻村深月

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784062760508
ISBN 10 : 4062760509
フォーマット
出版社
発行年月
2008年05月
日本
追加情報
:
15cm,569p

商品説明

交わることのない、2人の想い。切ない終わりがやってくる。
「僕は恐ろしい。今こそ、君に会うべきなんだろう」
辻村ワールドより、切ないミステリーを

「ひとりぼっちの僕たちに辻村深月は言う。『大丈夫だよ』僕たちはまだ終わっていない。」――<幾原邦彦「解説」より>

「浅葱、もう少しで会える」『i』は冷酷に2人のゲームを進めていく。浅葱は狐塚や月子を傷つけることに苦しみながら、兄との再会のためにまた、人を殺さなければならない――。一方通行の片思いが目覚めさせた殺人鬼『i』の正体が明らかになる。大人になりきれない彼らを待つ、あまりに残酷な結末とは。

内容詳細

「浅葱、もう少しで会える」『i』は冷酷に二人のゲームを進めていく。浅葱は狐塚や月子を傷つけることに苦しみながら、兄との再会のためにまた、人を殺さなければならない―。一方通行の片思いが目覚めさせた殺人鬼『i』の正体が明らかになる。大人になりきれない彼らを待つ、あまりに残酷な結末とは。

【著者紹介】
辻村深月 : 1980年2月29日生まれ。千葉大学教育学部卒。『冷たい校舎の時は止まる』(講談社文庫)で第31回メフィスト賞を受賞し、デビュー。エンターテインメント界に現れた期待の新人として注目を集める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 青葉麒麟 さん

    そういや月子の名字って何だっけ?何処かに書いて有ったっけかな?なんて思いながら読んでたら吃驚した。成る程ねぇ、上手いわ。浅葱がとても切ない(。´Д⊂)もう少し早目に気付いてたら。でも友達の名字って普通知ってるよね?恭司が話してた映画は多分、『レッド・ドラコン』だと思う。

  • yoshida さん

    辻村作品に使われる名前のトリックで伏線が回収されていきました。浅葱と月子のボタンの掛け違いから、様々な真相が判明する。こんなに沢山の人物が亡くなった辻村深月さんの作品は珍しい。あの子が死なずにすんで、本当に良かった。そして、まさかのエピローグ。ボリュームはあるが、ほぼ一気読み。月子と紫乃の関係。月子と真紀の関係。辻村深月さんは、女性同士の内面を描くのが巧みですね。今まで読んできた辻村さんの作品よりは、やや異色の作品かな。再読することにより新たな発見があると思う。色々と書いたが読ませる作品なのは事実です。

  • にいにい さん

    そうだったのか。これは、「恋愛指南書」だったんだ! 残酷で不気味な殺人ゲームも、愛を表現するための例え話。上巻からの印象が、エピローグの浅葱(恭司)と月子とのやりとりでガラッと塗り替えられた。浅葱言葉にグッと。恭司の優しさ・男気に、胸が熱くなる。ほとんどの人が、自分を守ることしか考えられない。自分を犠牲にしても守りたいものを持つことが優しさ・愛を生む。月子の行動も浅葱の思いもせつなくて好きだ。誰か一人でも悲しませたくない人がいれば、それだけで生きていける。藍(愛)は、希望。優しく切ないテーマだ。

  • kishikan さん

    うーん、とにかく先へ先へと読み進めずにはいられない。おいおい、月ちゃんを殺してしまうんじゃないよね。えぇっそりゃないよ!iは誰?θはきっと〇〇。って推理しながら読み進めると「やっぱりな」でした。がしかし、そこは辻村さん。やはり一筋縄ではいかないのです。2重3重に仕掛けがしてあって、単純なようで単純じゃない謎解き。犯行の動機は?何故そんな行動をとったの?大人への移行期特有の揺れ動く心、家族愛や友情、妬みや自尊心、でも一人は嫌だ、そんな複雑な心理が絡み合う。全ては映画監督の幾原さんが解説してくれています。

  • zero1 さん

    虐待された子が、今日もどこかで泣いている。重苦しい内容で1000ページ超は長い!殺人ゲームは「i」と「θ」によって続くが、月子はθの正体を知る。登場人物のミスディレクションは成り立つ?その他にも稚拙で疑問点はあるものの、読者の手を止めないのが辻村作品らしさ。高校生時代に書いていたというのは驚異的。犯人二人については予想通りだが、不明の高校生については予想外。秋先生の活躍に比べ警察の無能さが凄まじいのはお約束?未読の方は「メジャースプーン」必読。年に何冊か辻村作品を追いたい。次は「冷たい校舎・・」再読か。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

辻村深月

1980年山梨県生まれ。2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。11年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、12年『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞、18年『かがみの孤城』で第15回本屋大賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載され

プロフィール詳細へ

辻村深月に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド