ハケンアニメ!

辻村深月

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784838726905
ISBN 10 : 4838726902
フォーマット
出版社
発行年月
2014年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
 CLAMP
追加情報
:
441p;20

内容詳細

監督が消えた! ?
伝説の天才アニメ監督・王子千晴が、9年ぶりに挑む『運命戦線リデルライト』。
プロデューサーの有科香屋子が渾身の願いを込めて口説いた作品だ。
同じクールには、期待の新人監督・斎藤瞳と次々にヒットを飛ばすプロデューサー・行城理が組む『サウンドバック 奏の石』もオンエアされる。
ハケンをとるのは、はたしてどっち?
そこに絡むのはネットで話題のアニメーター・並澤和奈、聖地巡礼で観光の活性化を期待する公務員・宗森周平……。
ふたつの番組を巡り、誰かの熱意が、各人の思惑が、次から次へと謎を呼び新たな事件を起こす!
熱血お仕事小説。

【著者紹介】
辻村深月 : 1980年2月29日生まれ。千葉大学教育学部卒業。2004年に『冷たい校舎の時は止まる』(講談社)で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。『ツナグ』(新潮社)で第32回吉川英治文学新人賞を、『鍵のない夢を見る』(文藝春秋)で第147回直木三十五賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 勇波 さん

    初読み作家さんです。なるほど、これが噂の辻村深月か。自分の中の辻村先生のイメージは、先日読んだ『文スト 京極vs綾辻』に出てきた新人エージェントです(笑)。。それはさておき不覚にも感動してしまったじゃないですか。。久々に熱い物語を読めた気がします。「愛」に弱い業界が羨ましい。総じて「愛」の人がいる現場も羨ましい。連休中にいいものが読めたことがなんだか得した気分です★

  • 風眠 さん

    「どうしてアニメ業界に入ったんですか。という質問をされる時がある。」という書き出しで始まる三篇と、まとめの一篇で構成された物語。アニメ業界に関わる三人の女性達。創り上げていく情熱、一途さ、譲れなさ、そして「アニメ愛」。何も無い状態から、何かを生み出し創り上げていくことは、ボロボロになるくらい精魂を傾けないとできないこと。どんなに姿がよれよれでも、がむしゃらに創り続ける姿は美しくて、それが作品に反映される。プロデューサー、監督、アニメーター、立場は違っても情熱が縁を結ぶ。だって一生懸命は、愛だから。

  • yoshida さん

    久々に心から良いと思える作品を読んだ。批判を覚悟して言えば、辻村深月さんはこの作品で新たなステージへ進んだと思う。今までの登場人物の巧みな感情表現に加え、清々しさと圧倒的なカタルシスを手に入れたと思う。ハケンアニメとは何か。同じクールで一番を取った作品を、覇権を取ったとして、ハケンアニメと呼ぶ。前半の巧みな感情表現。後半からぐいぐいと伏線を見事に回収してゆく。あたかも苦悩から始まり歓喜に終わる交響曲を聴くようだ。他作品とのリンクも健在。クラウドファウンディングの手法も紹介し先見の明あり。紛れもない名作だ。

  • 遥かなる想い さん

    2015年本屋大賞第3位。 アニメ業界の物語だが、 登場する誰もが持つ、 アニメに対する熱い情熱の ようなものが強く感じら れて心地よい。 天才アニメ監督王子千晴が 作る『リデルライト』と 斉藤瞳監督の『サウンドバック』、 この制作に携わる人々の 熱気と想いが軽い筆致で 描かれて…覇権アニメの 行く末も納得…ある意味 ひどく現代的な、アニメ愛にあふれた、アニメ 大好き人間へ贈る物語 だった。

  • Seiei Ikeda さん

    この中でいえば行城タイプかな(俺)。イケメン風なの?・・・ちょっと痛い思いで読み続ける。3人の女性が、それぞれの立場から、生え馬の目を抜くようなアニメ界の、全体像を炙りだしてゆく。3人の主人公は似ている。優しくて、芯が強く、泣き虫で、美人で、仕事ができて、etc。とにかくカッコいいな〜。仕事に恋している女子。男女の恋のありかたは、三者三様であるが、ピュアで少女的なところは好感がもてる。怒ったり、泣いたり、笑ったり、とにかく忙しいが、著者自身の環境に近いせいか、氷上のスケーターのように物語は流れて行く⇒A

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

辻村深月

1980年2月29日生まれ。千葉大学教育学部卒業。2004年に『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞し、デビュー。’11年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、’12年『鍵のない夢を見る』で第147回直木賞、’18年『かがみの孤城』で第15回本屋大賞受賞(本データはこの書籍が刊行さ

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品