他界へ翔る船 「黄泉の国」の考古学

辰巳和弘

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787711021
ISBN 10 : 4787711024
フォーマット
出版社
発行年月
2011年03月
日本
追加情報
:
22cm,349p

内容詳細

船形をした木棺や埴輪、墓室に描かれた船画…。船は霊魂を黄泉の国へと誘う。人々は魂の行方をどこに求めたのか。考古学がこれまで傍観してきた往時の“こころ”を探り、古代人の他界観を追究する。

【著者紹介】
辰巳和弘 : 1946年大阪市生まれ。同志社大学大学院文学研究科修了。現在、同志社大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Junko Yamamoto さん

    古墳時代の葬送方法が多様な資料より描かれており古代人の魂、が様々垣間見え面白かった。

  • takao さん

    船形木棺、船形埴輪。結構あるんだな。亡き人の霊魂が船によって他界へ導かれるという思想

  • こめ さん

    まさにアマノトリフネでした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

辰巳和弘

1946年生。1971年同志社大学大学院文学研究科修士課程修了。考古学専攻。同志社大学校地学術調査委員会調査主任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品