吾輩も猫である 新潮文庫

赤川次郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101010502
ISBN 10 : 4101010501
フォーマット
出版社
発行年月
2016年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
211p;16

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 射手座の天使あきちゃん さん

    この度はこんな私を選んでくれて、どうもありがとう♪ ご一読の前にこの取扱説明書をよく読んで、ずっと正しく理解してね 猫主役につき人間のクレーム受け付けません ご了承ください いつも偉そうに上から目線です、かまっても相手しないくせに、ほっとくと怒ります いつもわがまま でもそんな時は懲りずにとことん抱きしめてあげましょう♪ 西野カナさんの替歌風に(笑)

  • 扉のこちら側 さん

    2018年294冊め。猫は好きなのだが、強い萌えを感じることなくあっさりと読了してしまった。だいたいどの猫も「上から目線」であり、それは猫の本質的に合っているのだけれど、一匹くらいデレデレにかわいい子が出てきてもいいじゃないか、と。

  • けいご さん

    猫の視点から見たら人間と言う生き物を自然界から逸脱した生き物として不器用にも愛情に満ちたタッチで描かれている所が面白い一冊でした★人間よりも長い歴史を持つはずの猫は歴史の浅い人間に対して本当はどう思っているんだろうね〜?ドラえもんのほんやくコンニャクがあればいいのにw言葉を交わせない生き物同士なのに寄り添えてるのは猫の方が本当に大人なのかもしれないな〜。などと思いながら読んでいましたw装丁がかわいいw見た目も内容も猫好きにはオススメですねw

  • hiro さん

    夏目漱石没後100年&生誕150年記念出版の8人の作家による『吾輩は猫である』のオマージュ作品集。猫の目から見た人間社会を小説にして風刺するという発想、その本が没後100年経っても読まれていること、そしてこのようなアンソロジーが出るということも含めて、やはり夏目漱石は偉大だったということだろう。この短いアンソロジーをサクサクと読みながら、この100年間で人間と猫の関係は、どのように変化したのだろうかと考えた。機会があれば『吾輩は猫である』を再読してみようと思う。

  • NADIA さん

    タイトルが面白くてなんとなく借りてみた。猫好き作家さん(たぶん)による猫好きのためのアンソロジー。正直なところ、私はそこまで猫が好きとは言えない。それでも、猫の気持ちで読むとなかなか興味深いと感じた。「ツンデレなところがいいのよ〜」という友人の言うところが少しだけ理解できたような気がする。 でも、「〇〇ちゃんは××でちゅね〜」という赤ちゃん言葉で猫かわいがりをしている姿にはものすごく醒めるけど・・・(^^;;

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

赤川次郎

1948年福岡県生まれ。1976年、「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。2006年、第9回日本ミステリー文学大賞を受賞。2016年、吉川英治文学賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品