黒い家 角川ホラー文庫

貴志祐介

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041979020
ISBN 10 : 4041979021
フォーマット
出版社
発行年月
1998年12月
日本
追加情報
:
15cm,392p

内容詳細

100万部突破の最恐ホラー


顧客の家に呼ばれ、子供の首吊り死体の発見者になってしまった保険会社社員・若槻は、顧客の不審な態度から独自の調査を始める。それが悪夢の始まりだった。第4回日本ホラー小説大賞受賞。



ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • サム・ミイラ さん

    これは凄い!面白い!ホラーと聞いて敬遠していたが、むしろ上質なスリラーというほうが当たっている気がする。作者にとっては二作目の作品ということで、粗筋も犯人も大方の予想はつくが、増幅する恐怖と緊張感で最後まで息つく間もなく読ませる筆力には圧倒された。どこかヒッチコックの映画のような古典的な香りのする傑作。映画も見たい。

  • absinthe さん

    知らないうちに体が底なし沼に沈んでいき、気付いたらもう腰まで漬かっていたという様な恐怖感。怖いモンスターは出てこない。もっと怖いもの・・・それは本物の人間。 ハンニバルレクターも怖いが、あれが小学生並みの幼稚さだったらもっと怖いという思考実験をドラマ化したかのよう。 恐怖の演出に、恐竜もエイリアンも病原体も暴走ロボットも巨人も遺伝子改造の火星ゴキブリもいらないっ!一番怖いのは人間なんだな。

  • Tetchy さん

    ホラーと云えば怪異現象、超常現象を扱った物が多い中、保険会社員が顧客に陰湿で執拗な催促に取り乱される。このどこがホラーなのだろうかと長年訝しく思っていた。そしてようやく読む段になってそれが理解できた。本書は正真正銘のホラーである。それもとても他人事は思えないほどの迫真性を孕んだ怖さがある。それはどこかにはいるであろう、少し変わった隣人が本書の元凶だからだ。自分の顧客がサイコパスであった。本書はこのワンアイデアのみと云っていいだろう。しかし物語はシンプルなものこそ面白い。本書はまさにそれを具現化した作品だ。

  • 風眠 さん

    映画も何度も目にしているし、スジも知ってるから読まなくてもいいか、って感じで通りすぎていた作品。つくづく原作は読んでみるものだと思った。物語の時代背景は、バブルが過ぎて不景気と言われていた頃。そのくらいから既に、いわゆる「良心を持たない人々」というのが話題になってたんだな(つい最近言われるようになったと思っていたけど)。映画では幸子のキャラが強烈な印象だったが、原作では、とにかく「包丁」なのである。幸子が、と言うより包丁が恐ろしすぎる。包丁という小道具で、幸子の異常性を強烈に印象付けた作者の筆力に拍手。

  • まひはる さん

    中盤で犯人をなんとなく察してしまったが、それでも読みながら先が気になって仕方がなかった。特にラストの件では、手に汗握りながら没頭。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

貴志祐介

1959年大阪府生まれ。京都大学経済学部卒。生命保険会社に勤務後、作家に。96年「ISOLA」が日本ホラー小説大賞長編賞佳作となり、『十三番目の人格ISOLA』と改題して角川ホラー文庫より刊行される。翌年、『黒い家』で日本ホラー小説大賞を受賞、同書は100万部を超えるベストセラーとなる。2005年『

プロフィール詳細へ

貴志祐介に関連するトピックス

  • 貴志祐介おすすめ本 「ミステリークロック」10/13発売、小説を書くための必須テクニック指南書「エンタテインメントの作り方 売れる小説は... HMV&BOOKS online|2017年09月01日 (金) 10:17
    貴志祐介おすすめ本

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド