牧野富太郎ものがたり 草木とみた夢

谷本雄治

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784907108328
ISBN 10 : 490710832X
フォーマット
出版社
発行年月
2019年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
31p;27

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 鱒子 さん

    図書館本。元祖イケメン植物研究者 牧野富太郎氏を描いた絵本。小学校中退で学歴の低い青年が、ヤマトグサ ムジナモという植物を大発見。それ故に周囲のやっかみが激しく苦難の日々を送ります。そんな彼がやがて「日本植物学の父」と呼ばれるように。1つの目的に向かって進むことの大切さを伝える絵本、小学校高学年向き。

  • ベーグルグル さん

    大野八生さんの絵に惹かれて手に取りました。名前だけ知っていた日本植物学の父、牧野富太郎さん。植物に対する熱い思いを感じました。そして植物についての広報活動が、研究者だけでなく一般の方に興味を持ってもらうようにと工夫をされていた事も凄いですね。一つの好きから生まれるパワーは計り知れない。目的を持つことの素晴らしさも教えてくれた。

  • kanata さん

    子供のころから植物を見つめ、日本中の植物を新聞に挟んで標本を採り、精密な絵を描き記録した日本植物学の父・牧野富太郎のえほん。故郷・高知で大久保三郎と発見した「ヤマトグサ」こと、テリゴヌム・ヤポニクム・オークボ・エト・マキノ。海外に比べ日本の研究が立ち遅れていたなか、発見したときはさぞかし嬉しかったことだろう。家はほとんど妻・壽衛(スエ)に任せて没頭した研究。学者になりたかったのではなくて、ただ草木を見つめていたかった。そしてその成果を人と分かち合いたくて図鑑にした。やりたいことを見つけられる人は幸せだ。

  • る*る*る さん

    気が早いですが…来年の手帳整いました。決めるために本書読む。二年目になるほぼ日手帳から、今年使用より薄い週間手帳日本植物分類学の父≠ニして知られる、牧野富太郎氏描くノジギク手帳を。スリムだから電車でのお出かけ時にも携帯できる!現在でも日本の植物の約300種は、富太郎がつけた学名が使われているそう。野路で発見された秋の花ノジギク。 花言葉:『真実・忘れられぬ人』 富太郎がよく言った言葉:『理由というのはないんです。ただ植物が好きなんです。』 2020年も、丁寧に過ごし記していきたい。

  • seeds@心 さん

    その昔に植物にこれほど傾倒し大成したひとがいたんですね。日本の植物学に大きな成果を残した牧野富太郎さん。彼の植物愛はそれはすごいものだったんだろうな。 やっぱりなにかを好きだという感覚は凄いエネルギーを生み出してくれるし、その人を強くしてくれる、そう感じさせられました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品