神々の山嶺(いただき)1 BUSINESS JUMP愛蔵版

谷口ジロー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087825671
ISBN 10 : 4087825671
フォーマット
出版社
発行年月
2000年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,323p

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
恐るべき登山漫画!面白い!ストーリーも絵...

投稿日:2009/12/02 (水)

恐るべき登山漫画!面白い!ストーリーも絵もストイック過ぎます!夢中になって読んでいて、ふと気がつくと肩が凝っている、そういう漫画です。肩が凝るなんて言われたら読みたくなくなるかなあ。でも本当に面白くてお勧めです。是非ご一読を!

吉岡富万 さん | 大阪府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • hiro さん

    映画を観る前に小説だけでなく、エッセイ集の『ヒマラヤ漂流』も読み、満を持して映画館のスクリーンで映画を観た。BC付近でロケをしたおかげで、エベレストの映像の美しさが印象的な映画だった。残念ながら2時間の尺では、原作を忠実に映画化すること不可能だったため、物語の奥行きが少しなかったように感じた。一方、漫画ではこの1巻の多く使ってクライマー羽生について詳しく描かれており、山のシーンの画もすばらしかったが、残念ながら、深町と羽生は頭の中では映画の岡田准一と阿部寛になるので、漫画の画との違いに戸惑ってしまった。

  • 山田太郎 さん

    谷口ジロー画というのは安心して読めるというか。かなり話が濃くて読むと疲れました。やっぱりこういう劇画調の絵が年寄りには心落ち着くといいますか。ある方面には天才だけどそれ以外は人格破綻者ものというのは定番ですが、面白いなと思った。

  • かっぱ さん

    【再読】三浦雄一郎さんの世界最高齢でのエベレスト登頂成功に刺激されて、自分も・・・、とはいかず、この本を読み直しています。羽生のこと、好きになれる人とそうでない人に二分されそうです。でも、こんな頑固者があってもいいのではないかと思うのです。自分は好きです(ちょっとイライラさせられはしますが、彼の生い立ちがそうさせるのでしょう)。

  • 角 さん

    山の描写に呑み込まれる。凍てつく寒さが線の合間から吹き付けてくるような。

  • アメヲトコ さん

    前々から読もうと思いながらもようやく初読。谷口ジローさんの表現力がやはり魅力的。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

谷口ジロー

1947年(昭和22年)鳥取県生まれ。1971年『嗄れた部屋』で漫画家デビュー。動物もの、冒険、文芸、SFと多彩な分野の作品を手がける。作品はヨーロッパを中心にフランス、ドイツ、イタリア、スペイン、アメリカ、韓国、台湾、など世界各国で翻訳出版され、数々の国際的漫画賞を受賞している。『遙かな町へ』は名

プロフィール詳細へ

谷口ジローに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品