進撃の巨人 24 週刊少年マガジンKC

諫山創

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065105481
ISBN 10 : 406510548X
フォーマット
出版社
発売日
2017年12月08日
日本
シリーズ
:
追加情報
:
192p;18

内容詳細

エレンらの住むパラディ島の外には、他の人間が住む世界が広がっていた。その中の一国「マーレ」は諸外国との戦争中。苦戦を強いられる中、彼らはパラディ島に攻め入り「始祖の巨人」を手に入れる決意を新たにする。ここにもまた、必死に生きる子供たちの姿があった……。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
エレン達側からではない視点での、ライナー...

投稿日:2021/04/22 (木)

エレン達側からではない視点での、ライナーの目線からみた物語。もし自分だったらと思うと、辛いという一言では済まない。そしてタイバー家もどうかかわってくるのか。

くろあちあ さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
これまでエレンたちから見たライナーしか知...

投稿日:2021/04/09 (金)

これまでエレンたちから見たライナーしか知らなかったが、ライナーの過去を知ることで納得するだけではなく共感できた。

gakusei さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
★
☆
最初読んだときはがらっと話の舞台が変わっ...

投稿日:2018/05/29 (火)

最初読んだときはがらっと話の舞台が変わっていて何が何だかわからなかったけど、いつも進撃単行本の引きはおおおっ・・ってなります。なぜエレンが‥と気になる内容で面白かったです。

ぬこジャンプ さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mitei さん

    かなり話が繋がってきた感じ。なにか実際の世界情勢が絡んでいるような気もしてきた。ユダヤ人とかドイツ人とか日本人とかまで出てきている感じ。

  • NADIA さん

    「あの日」の裏側。突然巨人の群れに襲われたシガンシナ区も悲劇だったが、それを起こしたマーレの戦士たちもまた悲劇だった。一方的な善悪など存在しないというのは当然のことだが、あれほど恐怖を感じ、主人公たちに同化して憎悪の感情を向けた巨人たちに同情する日が来るとは思わなかったなあ(^^; 今ならばユミルの「あいつらだって結構いいやつらなんだよ」という言葉が理解できる。 果たしてこの後、物語はどのような方向に進むのか、まるで想像できない。

  • 海猫 さん

    物事を反対の方向から眺めると、本当に光景が違って見えるもんだなあ。そういう意味でもいずれ、初巻から通して読み返す時が来るだろう。最終ページに度肝を抜かれる。早く次が読みたい。

  • 禍腐渦狂紳士タッキー【主にBL作品感想係】 さん

    俺は『鎧の巨人』を祖国マーレに託された選ばれし戦士。島の悪魔を成敗し、皆を救う英雄になるんだ(ライナー)¢24巻。幼きライナーたちが第1巻で壁を壊すに至った経緯が描かれ、なぜドベだったライナーが鎧に選ばれたのか理由も発覚。また、この巻でキーとなりそうな戦槌を擁すタイバー家が登場し、ますますキャラが増えてきてちょい混迷気味。なんとなくそうかなと思いましたが、ラストで久々にあのキャラが登場し、ライナーとの邂逅!進撃の巨人はどんな完結を目指してるのかサッパリ見当もつきません!

  • Die-Go さん

    レンタル。謎の巨人に脅かされつつも徹底抗戦を引く人間達の戦いかと思いきや、その巨人が人型兵器だったと言う漫画。突然の展開だった前巻から話が繋がってきた。ライナーがすっかり主役のようにも見えたが、最終盤であの人物が登場!今後がどうなるのか。★★★☆☆

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

諫山創に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品