進撃の巨人 23 週刊少年マガジンKC

諫山創

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065101001
ISBN 10 : 406510100X
フォーマット
出版社
発売日
2017年08月09日
日本
シリーズ
:
追加情報
:
192p;18

内容詳細

「獣の巨人」達との戦いの末、地下室に辿り着いたエレン達。そこで彼らは、グリシャの遺した本と記憶により、グリシャの生い立ちや壁内にやってきた真の目的を知る。そこから明らかになったのは、エレン達が相手にしているのは、これまで戦ってきた巨人よりもさらに巨大な「世界」そのものだという事実。壁の向こうに自由が無いこと、海の向こうには敵が待ち受けていることを知ったエレン達の行く末は……。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ついに明らかになった真実だけど、真実が分...

投稿日:2021/04/22 (木)

ついに明らかになった真実だけど、真実が分かれば幸せになれるとは限らない、むしろつらい現実が・・・壁の向こうのキャラクターも魅力的でいいキャラしてます

くろあちあ さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
主人公たちの住む島以外の地域が登場したが...

投稿日:2021/04/09 (金)

主人公たちの住む島以外の地域が登場したが、そちらでも戦争に利用されていることや憎悪に支配されている姿を見ると暗い気持ちになってしまう

gakusei さん | 北海道 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mitei さん

    やっぱり読み直していかないと分からない事増えてきたなぁ。いきなり艦隊が出てきて世界が広がってきた感じはした。どう終結させるのかなぁ?

  • 海猫 さん

    この巻から継続して読んでなかったので、今になってようやくページをめくる。冒頭からこれまでの流れとまったく違う光景や人物、展開が出てきて唖然とした。壁の外のもっと大きな世界大戦らしきものを、垣間見せられたというか。また価値観がひっくり返されるような視点も出てくるしで、今更ながら物凄いものを読まされている気がした。最後ののほほんとしたエレンには、むしろとてつもない不穏なものを感じる。

  • 禍腐渦狂紳士タッキー【主にBL作品感想係】 さん

    『第23巻!エレン達の物語から遠去かり、ライナーやジーク視点のお話に突入。ユミルは残念ながらガリアードに喰われ顎≠フ巨人は彼に継承されたようです。ライナーが語るエレン達のことに何だか色々な思いが込められいるようで胸が痛い。ライナーって優秀な戦士かと思いましたが、候補生の中で1番ドベだった事実に驚き。若きベルトルトやアニも登場し、どうゆうきっかけでライナーが鎧≠ノ選ばれたのか気になるところ』

  • 大阪魂 さん

    進撃の巨人23巻。ほんま巨人って兵器が生まれたばっかりに、いろんな民族、国が戦争に巻き込まれて…エレンもライナーもガビも悪魔でもなんでもなくて、みんな夢をおっかけてるだけやのにね…始祖の巨人が不戦の誓いたてたんわかる気がしてきた…ユミル、ガリアードに食べられてしもたんやね…アッカーマン一族が巨人科学の副産物ってどーゆーことなんやろ。この先ますます気になる!

  • くりり さん

    壁の向こう側の奴隷ライナー軸の話、世界中の人々から蔑まれるエルディア人の過去と現在に至る同胞との戦い、このままでは未来は無いし、救われない...。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

諫山創に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品