進撃の巨人 22 週刊少年マガジンKC

諫山創

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063959093
ISBN 10 : 4063959090
フォーマット
出版社
発売日
2017年04月07日
日本
シリーズ
:
追加情報
:
192p;18

内容詳細

ライナー、ベルトルト、「獣の巨人」との戦いの末、多大な犠牲を払いながらもエレンの生家へ辿り着いた調査兵団。その地下室にて、彼らはグリシャが残した3冊の本を手にする。その本に記されていたのは、グリシャの幼き日の記憶。そして、およそ1800年前、一人の少女が巨人の力を手にしたことから始まる二つの民族の暗黒の歴史。明かされたグリシャの過去と突きつけられた世界の真実を前に、エレンら調査兵団の進む道は…。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ついに真実が分かっても、さらなる絶望が待...

投稿日:2021/04/22 (木)

ついに真実が分かっても、さらなる絶望が待っている。海の向こうに見えるものはそれぞれ違う。エレンだけが違う方向を向いているのは印象的

くろあちあ さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
☆
海を見ることが出来たのにもかかわらず、苦...

投稿日:2021/04/09 (金)

海を見ることが出来たのにもかかわらず、苦しい真実を知ってしまったことにより全く幸せになれないのが苦しかった。ハッピーエンドになってほしい

gakusei さん | 北海道 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mitei さん

    冒頭グロいシーン多かったけど、いろんな真実が出てきたのが良かった。ついに海を見たのが印象的。

  • 海猫 さん

    この漫画もいよいよであり、やっとでもあり来るところまできましたな。怒涛の伏線回収巻にしてまだ風呂敷を広げきってない様子まであって懐が深い。22巻でようやくタイトルの意味が語られたり、静かに熱い。登場人物の言動が作品世界を越えて、なにか真理を言っているかのように思えてきたり思索的に面白い。

  • NADIA さん

    カバーが進撃っぽくなくてとても爽やか。ああ、とうとうユリアン以外の登場人物には想像もできなかった海に来たんだね。ダークファンタジーながら、世界観が私達のこの現実世界にどんどん近づいてくる。壁の中の人類に幸福な未来の可能性はないのだろうか・・・。今更ながらユミルの存在が切ない。

  • Die-Go さん

    レンタル。『進撃の巨人』の意味、本当の敵がなんなのか、なぜエレンに巨人化の力が宿ったのか、多くの謎が明かされる!★★★★☆

  • 大阪魂 さん

    久々の進撃!巨人の歴史はわかってきたんやけど、始祖のユミルって何なのとか、初代エレンがゆうてるミカサ、アルミンって誰なん?とか、ほんまさっぱり展開が読まれへん…でもヒストリアと手繋いだら?始祖の力出せるんやったら、よかったやん!ミカサに殺されるかもやけど笑笑 また23巻が待ち遠しいなあー

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

諫山創に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド