進撃の巨人 21 週刊少年マガジンKC

諫山創

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063958157
ISBN 10 : 4063958159
フォーマット
出版社
発売日
2016年12月09日
日本
シリーズ
:
追加情報
:
18

内容詳細

過熱する、調査兵団とライナー、ベルトルト、「獣の巨人」の戦い。作戦は通用せず、調査兵団は苦境に立たされる。そんな中、エルヴィンとアルミンは自らの命を懸け、リヴァイとエレンに敵を討たせることを決意。犠牲と引き換えに、残った者達が手にするものは……!?

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
アルミンとエルヴィンのどちらを助けるか選...

投稿日:2021/04/09 (金)

アルミンとエルヴィンのどちらを助けるか選択する場面が苦しく、印象に残っている。明らかになる真実が嫌な内容なのもすごい

gakusei さん | 北海道 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 海猫 さん

    一気にドラマが揺れ動き、登場人物らの運命が変転してゆく。その一方で物語は核心にも迫っていき世界観は変貌する。知的好奇心から内容に引きずり込まれるし、この漫画の世界であんなものが空に存在するとは。読者としても揺さぶりが激しく、必死にしがみついているような気持ち。続刊が待ち遠しい。

  • mitei さん

    前半がどちらにするのかの選択で盛り上がり、後半はこの世界の真相がいよいよ出て来た感じ。まだ走りだけど独裁国家の恐怖とかがありありと伝わった。どうなるんだろうか気になる。

  • Die-Go さん

    レンタル。なんだか話が難しくなってきたぞ。これは何度か読まないと理解出来ないかも。★★★★☆

  • ヘビメタおやじ さん

    なんか政治的になってきました。戦争責任の有無?民族の誇りの復権?これまでの組織の腐敗とは違う、政治的な展開に不安を感じます。そんなことをオーバーに考えてしまうのは、おじさんだからなのでしょう。しかし、世界の謎は着実に解明されつつあります。彼らが海を見られることを祈りつつ、次巻を待ちます。

  • すい さん

    誰にだって助けたかった命はあったはず。けれど助けられなかった。今、助けられる命が1つある。エルヴィンとアルミン、どちらを助けるか委ねられたリヴァイの決断に涙。エレンには、この世界を背負うという覚悟がまだまだ足りないのかもしれない。ギリギリの精神状態でも悔いの残らない選択ができるリヴァイだからこそ、エルヴィンは薬を預けることができたんだろう。でも、リヴァイだって人間だ。きっと様々な後悔を胸に抱えているに違いない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

諫山創に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品