進撃の巨人 10 週刊少年マガジンKC

諫山創

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784063848397
ISBN 10 : 4063848396
フォーマット
出版社
発行年月
2013年04月
日本
シリーズ
:
追加情報
:
18

内容詳細

ウォール・ローゼ付近に突如現れた巨人の群れ。
104期の面々を含む調査兵団は巨人の発生地点特定を急ぎ、ローゼ付近のウトガルド城で夜を明かすことに。
だが、夜は活動できないはずの巨人が城を取り囲み…!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 海猫 さん

    悪い意味での歪さが洗練されてきて良い意味での歪さが残っているという理想の状態。前半の攻防戦の熾烈さ、終わって安心した途端の急展開。まったく安心して読めない。

  • mitei さん

    ついにいろんな正体がわかってきた。しかしちょっと読むのが間延びするとキャラが誰なのか今ひとつ分かりにくいので、キャラの描き分けを明確にすべきだなと思う。

  • エンブレムT さん

    闇の中を動き回る巨人たち。立体機動装置を装備していない104期メンバー。逃げ場のない塔で、戦い倒れていく上官たち。その恐怖と緊迫感に震えました。でもなー、う〜ん・・・。私、獣の巨人が登場するとテンションがダダ下がってしまうんですよね。同じ土俵にいない敵って、狡くて嫌いさー。この巻は、超大型巨人と鎧の巨人(+女型の巨人)に対する本能的な恐怖は消え、かといって哀しみや怒りに転換出来るほどの情報もないため、今までの「どうなっちゃうのー!?」ではなく「どーすんだよ、これ」的な「ええええぇーっ!?」で読了しました。

  • 市太郎 さん

    ウトガルド城攻防戦。群がる巨人。獣の巨人とはいったい。次々と明かされていく衝撃の事実。あの人たちが巨人!? 何かすごい勢いで展開していきますが、そんなに長く続く漫画ではないのだろうか。そうだと個人的にはありがたい。「ワンピース」とかみたいに70巻過ぎても・・・なんて読んでく自信がないから。こいつらは一体なんなんだー!! と叫びながら読了。

  • みとと50 さん

    えええーーーーー?ライナーとベルトルトとユミルがあれれーー??どうなっちゃうの?どうして巨人の謎を使いこなしている人が続々登場するんだろう。何だか何だか、次から次へと謎が深まって、これは一巻から読み直しだな。面白かった!そして良い子達んp正義の味方風次巻予告うっかり笑っちゃったよ。あ、アニメ見やすかったです、コミックより兵器がわかり易かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

諫山創に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド