新テニスの王子様 24 ジャンプコミックス

許斐剛

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088815725
ISBN 10 : 4088815726
フォーマット
出版社
発売日
2018年09月04日
日本
シリーズ
:
追加情報
:
178p;18

内容詳細

決勝トーナメント第一試合ダブルス2は君島・白石VSトリスタン・ティモテのイケメン対決に。ポイントを取るごとにポージングをする3人に対し頑なに自分のプレースタイルを貫く白石。はたして勝負の行方は!?

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
蓮二と毛利が立海コンビでダブルスを組んで...

投稿日:2021/03/05 (金)

蓮二と毛利が立海コンビでダブルスを組んでフランス戦に臨みます。 最初は二人は過去に色々あって険悪なムードですが試合が進んでいくにつれて徐々に和解していくところが好きです。

大湖 さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • exsoy さん

    レーダーチャートで星型www天才かよwww

  • MERLI さん

    白石の聖書テニスが覚醒、星形グラフを模る「星の聖書」が完成。能力を一点に集中することで飛躍的にプレースタイルに幅が出た模様、白石も殻を破り末恐ろしい選手になったということか。ところでポーズ対決じゃなくテニスで決着つけてくださいね、テニヌだけど。

  • 舞人(maito) さん

    白石がオールマイティの底上げをすることで、一つ上のオールマイティへ。天衣無縫より素直(かつマジメな)進化がみられて、白石が正統な主人公に見えてきた。また、あれだけ白石に興味なかったのに活躍すれば全ていい風に見えて歓声をあげる観客、という群集心理がさりげなく入れ込まれており、ちょっとした社会の実態が垣間見えた(笑)まあ結局日本は負けてしまったのだけど、中学生組が着実に大きく進化してきたのは、前作ファンからすると嬉しい光景。そして次戦は柳と毛利。柳の反発の理由と毛利の真意が明らかに。立海はいろいろあるなあ。

  • チューリップ さん

    白石が更に成長。特にとんでもな言動をするわけでもなく顔の良さでキャラの多すぎるテニプリの中で埋もれずに活躍しているのは凄い。何故かポーズを決めながら試合しているこのダブルスはシュールだったのと君様の中学生に交渉して〜って台詞が妙にツボだった。やってる事はよく分からないのにいい話風に入ってくるのも面白い。柳と毛利の立海ダブルスの行方も気になる。

  • capeta さん

    フランス戦開始。1試合目は過激なポージング対決。いつの間にか普通のテニスをしていた。普通のテニスをしていることがこんなに新鮮だなんて。能力のパラメータを状況によって特化させるとか人間やめてますね蔵さん。2試合目は仲違いをしていた二人が通じ合う?以下次巻。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

許斐剛

東京都出身。現在『ジャンプスクエア』で『新テニスの王子様』を連載中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

許斐剛に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品