学校の青空 河出文庫

角田光代

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309415901
ISBN 10 : 4309415903
フォーマット
出版社
発行年月
2018年02月
日本
追加情報
:
195p;15

内容詳細

いじめ、うわさ、夏休みのお泊まり旅行…お決まりの日常から逃れるために、少女たちが試みた、ささやかな反乱。生きることになれていない、小学生から高校生までの主人公たちの、不器用なまでの切実さを描く、直木賞作家の傑作青春小説集。「学校ごっこ」「夏の出口」など四篇を収録。

【著者紹介】
角田光代 : 1967年、神奈川県生まれ。90年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞。96年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、97年『ぼくはきみのおにいさん』で坪田譲治文学賞、2003年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、05年『対岸の彼女』で直木賞を受賞。著書に『八日目の蝉』(中央公論文芸賞)『紙の月』(柴田錬三郎賞)『かなたの子』(泉鏡花文学賞)など、多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ミカママ さん

    タイトル通り、小学生から高校生、「学校」の真っ只中にいる彼女たちの物語。子ども目線の小説が個人的に苦手なため『学校ごっこ』は特に苦戦したが、最後まで読んでよかった。少女たちの危うさ、ずるさ、それでいて繊細な部分がよく描かれている。誰もがいちどは通った道。いじめ(という名の立派な犯罪)のシーンでは、辛くて読めない読者もいるのでは。

  • chiru さん

    集合体をおさめる学校という箱の中で、焦燥や虚無感の吹溜りに飲みこまれる小中高の少女たちの短編集。 熱をもった傷口をさらに掻きまわすような、角田さんらしい容赦のない結末が、かえって『嵐をやり過ごす強さ』を際立たせてる気がする。 人生に『簡単なこと』なんてどこにもないのは、残酷でもあるけど、可能性でもあるというメッセージが伝わってくる作品。 現役の少女たちが読んだ感想を聞きたいなって思った。 ★4

  • chimako さん

    どの話も生々しすぎてよほどメンタルがしっかりした時でないと嫌な気分で終わりそうだ。特に三編目までは。自殺に憧れる現実逃避も、いじめたい衝動も、イメージに取り込まれていく不気味さも、軽薄にしか見えない高校最後の夏休みも共感できるところはひとつもなく書名とのギャップにおろおろしているうちに読み終えてしまう。四半世紀以上前の小説はこんなに辛辣だったのか。いじめは不気味。飛ばし読みでも嫌なものがせりあがってくる。

  • aoringo さん

    思春期の彼女たちの物語。短編が四つ。続きが気になるところで終わるのだけど、それが絶妙。大人でも子供でもない、人として未熟で不安定な子供たち。心の闇を覗き込んだような読後感だった。やっぱり角田さんは人間の心に引っ掛かった暗闇を切り取るのが上手いな。遠くになってしまったあの頃。どの話も面白かった。

  • Shoji さん

    小学高の高学年から高校生までの少女のお話です。心の成長と体の成長がアンバランスな多感な時期の少女たちは、時に残酷な生き物に変わります。いじめ、セックスへの興味、教師への反抗、無為で退廃した学校生活、虚言、盗癖、これらはちょっとした精神の綻びが原因のようです。もしかしたら、通過儀礼かもしれません。多感な少女の心の機微を一気読みしました。面白かったです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

角田光代

1967年神奈川県生まれ。90年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。96年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、2003年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、05年『対岸の彼女』で直木賞、06年「ロック母」で川端康成文学賞、07『八日目の〓』で中央公論文芸賞、11年『ツリーハウス』で伊藤整文

プロフィール詳細へ

角田光代に関連するトピックス

  • 映画『愛がなんだ』Blu-ray&DVD 2019年10月25日発売 角田光代のみずみずしくも濃密な片思い小説を、“正解のない恋の形”を模索し続ける恋愛映画の旗手、今泉力哉監督が見事に映... HMV&BOOKS online|2019年08月06日 (火) 12:30
    映画『愛がなんだ』Blu-ray&DVD 2019年10月25日発売
  • 角田光代&堀江敏幸の連載を書籍化 二人の人気作家がこれまで手にした小説、絵本、詩集、料理本に登場する「食」を、100篇のエッセイとしてまとめた『私的読... HMV&BOOKS online|2015年11月20日 (金) 19:05
    角田光代&堀江敏幸の連載を書籍化
  • 角田光代の珠玉のエッセイ集 愛すべき、私たちのしょっぱい日常。恋愛の苦み、読書の深み、暮らしの滋味…膝を打ちたい気分で人生のあれこれを語ったエッ... HMV&BOOKS online|2015年06月16日 (火) 14:09
    角田光代の珠玉のエッセイ集

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品