チーズと塩と豆と 集英社文庫

角田光代

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087451221
ISBN 10 : 4087451224
フォーマット
出版社
発行年月
2013年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
193p;16

内容詳細

あたたかな一皿が、誰かと食卓で分かちあう時間が、血となり肉となり人生を形づくることがある。料理人の父に反発し故郷を出た娘。意識の戻らない夫のために同じ料理を作り続ける妻。生きるための食事しか認めない家に育った青年。愛しあいながらすれ違う恋人たちの晩餐―。4人の直木賞作家がヨーロッパの国々を訪れて描く、愛と味覚のアンソロジー。味わい深くいとおしい、珠玉の作品集。

【著者紹介】
角田光代 : 1967年横浜市生まれ。1990年「幸福な遊戯」で第9回海燕新人文学賞受賞。2003年『空中庭園』で第3回婦人公論文学賞、05年『対岸の彼女』で第132回直木賞受賞。06年『ロック母』で第32回川端康成文学賞、07年『八日目の蝉』で第2回中央公論文芸賞、11年『ツリーハウス』で第22回伊藤整文学賞、12年『紙の月』で第25回柴田錬三郎賞を受賞。著書多数

井上荒野 : 1961年東京生まれ。1989年「わたしのヌレエフ」で第1回フェミナ賞受賞。2004年『潤一』で第11回島清恋愛文学賞、08年『切羽へ』で第139回直木賞受賞。11年『そこへ行くな』で第6回中央公論文芸賞受賞。著書多数

森絵都 : 1968年東京生まれ。1990年『リズム』で第31回講談社児童文学新人賞受賞。98年『つきのふね』で第36回野間児童文芸賞、99年『カラフル』で第46回産経児童出版文化賞、2003年『DIVE!!』で第52回小学館児童出版文化賞を受賞。06年『風に舞いあがるビニールシート』で第135回直木賞受賞。著書多数

江国香織 : 1964年東京生まれ。1989年「409ラドクリフ」で第1回フェミナ賞受賞。2002年『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で第15回山本周五郎賞、04年『号泣する準備はできていた』で第130回直木賞受賞。07年『がらくた』で第14回島清恋愛文学賞、10年『真昼なのに昏い部屋』で第5回中央公論文芸賞、12年「犬とハモニカ」で第38回川端康成文学賞受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • AKIKO-WILL さん

    【ナツイチ 2016】ヨーロッパを舞台にした女流作家さん4人の小説!角田光代さん、井上荒野さん、森絵都さん、江國香織さん。スペインやフランス、ポルトガル、イタリア…江國さんや角田さんは良く小説読みますが、井上荒野さんはコレが初めてかな?内容的には森絵都さんの「ブレノワール」が好きでした。ヨーロッパの田舎に旅行に行った感じがします。都市よりも田舎は、とても穏やかだけど伝統や風習が根強く残っていて人々の暮らしも質素だけど誇りを持っているのをどの小説にも感じました。短編集は読みやすいから良いですね。

  • ちなぽむ@罪と罰読みたい さん

    ヨーロッパの国々を舞台に、料理にまつわる家族や大切な人との絆を描いた4編のアンソロジー。 美味しい記憶は幸せの記憶。食べている時ももちろん幸せだけれど、遠い記憶として蘇る食卓の記憶はあたたかく眩しく、いつまでも光ってる。作品としては森絵都さんの「ブレノワール」が一番好み。森さん、角田さんの作品は思わず涙。江國さんの作品は既読だったけど、改めて私はこの人の文章を愛してると実感! 暮らすように旅をする―最近雑誌なんかで特集されてて素敵だな、と思いを馳せてる。そんな旅を楽しむように味わえる1冊。

  • ユメ さん

    四人の作家による、「食べること」「人を想うこと」にまつわるアンソロジー。食べることと愛することが隣り合っていても何ら不思議ではない。どちらも生を慈しむこと、そして生きることそのものだから。これまで自分が食べてきたものたちは、知らないうちに自分を支える根っこになっている。そして、食事を共にした人の記憶が、根を張る土壌に水を注ぎ、風となって吹きつけ、太陽となって照らす。時に優しく、時に厳しすぎるほどに。そうして生かされた人たちが食事に味をつけ、また食卓を囲む。そんな循環が人生の縦糸となるのだ。

  • takaC さん

    木曽御岳が噴火した日に東京駅で開催されたドラフト会議に逆指名でうちに来た一冊。気に入った順に並べるなら、森「ブレノワール」、角田「神様の庭」、井上「理由」、(江國「アレンテージョ」)かな。

  • きりこ さん

    直木賞受賞の女性作家4人のアンソロジー。舞台が西欧4か国。登場人物もその国の人なので翻訳本を読んでいるような感じでした。そして一作ごとに登場するその国らしいお料理。まるで食文化を伝えるグルメ紀行のようでもあります。家族との確執、心のすれ違いなど主人公の女性達が抱える様々な問題。でも食事を作ることや共に食することによって、転機を得たり人間関係の修復や再生、そして希望へ繋がっていく素敵な作品でした。一番好きだったのは角田光代さんの「神様の庭」。明確な理由が良くわからないけれど、一番心にしみじみ残る作品でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

角田光代

1967年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。90年「幸福な遊戯」で「海燕」新人文学賞を受賞して本格的に作家デビュー。主な小説作品に、『まどろむ夜のUFO』(野間文芸新人賞)、『ぼくはきみのおにいさん』(坪田譲治文学賞)、『キッドナップ・ツアー』(産経児童出版文化賞/路傍の石文学賞)、『空中庭園』(婦人

プロフィール詳細へ

角田光代に関連するトピックス

  • 映画『愛がなんだ』Blu-ray&DVD 2019年10月25日発売 角田光代のみずみずしくも濃密な片思い小説を、“正解のない恋の形”を模索し続ける恋愛映画の旗手、今泉力哉監督が見事に映... HMV&BOOKS online|2019年08月06日 (火) 12:30
    映画『愛がなんだ』Blu-ray&DVD 2019年10月25日発売
  • 角田光代&堀江敏幸の連載を書籍化 二人の人気作家がこれまで手にした小説、絵本、詩集、料理本に登場する「食」を、100篇のエッセイとしてまとめた『私的読... HMV&BOOKS online|2015年11月20日 (金) 19:05
    角田光代&堀江敏幸の連載を書籍化
  • 角田光代の珠玉のエッセイ集 愛すべき、私たちのしょっぱい日常。恋愛の苦み、読書の深み、暮らしの滋味…膝を打ちたい気分で人生のあれこれを語ったエッ... HMV&BOOKS online|2015年06月16日 (火) 14:09
    角田光代の珠玉のエッセイ集

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品