それもまたちいさな光 文春文庫

角田光代

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167672089
ISBN 10 : 4167672081
フォーマット
出版社
発行年月
2012年05月
日本
追加情報
:
207p;16

内容詳細

デザイン会社に勤める悠木仁絵は35歳独身。いまの生活に不満はないが、結婚しないまま一人で歳をとっていくのか悩みはじめていた。そんな彼女に思いを寄せる幼馴染の駒場雄大。だが仁絵には雄大と宙ぶらりんな関係のまま恋愛に踏み込めない理由があった。二人の関係はかわるのか。人生の岐路にたつ大人たちのラブストーリー。

【著者紹介】
角田光代 : 1967年神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。90年「幸福な遊戯」で第9回海燕新人文学賞、96年『まどろむ夜のUFO』で第18回野間文芸新人賞、98年『ぼくはきみのおにいさん』で第13回坪田譲治文学賞、『キッドナップ・ツアー』で99年第46回産経児童出版文化賞フジテレビ賞、2000年第22回路傍の石文学賞を受賞。03年『空中庭園』で第3回婦人公論文芸賞、05年『対岸の彼女』で第132回直木賞、06年「ロック母」で第32回川端康成文学賞、07年『八日目の蝉』で第2回中央公論文芸賞、11年『ツリーハウス』で第22回伊藤整文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • yoshida さん

    35歳で独身。人生の岐路に立つ大人達の恋愛事情。私も晩婚なので何となく手に取りました。色々なケースが出てきまし。過去の恋愛で辛い体験をしている仁絵と幼馴染みの雄大。付き合っているのか定かでない珠子。長年不倫している、鹿ノ子。別居のすえ離婚を選ぶラジオパーソナリティーの竜胆美帆子。それぞれの選択があり現在がある。過去は変えられないが未来は切り開ける。私も過去に25歳迄にお互い独身だったら、なんて話していた相手もいたが一緒にならず。結局、その時の考えや状況で変わるもの。自分の経験も重ねられるリアルな作品。

  • masa@レビューお休み中 さん

    始まりから終わりまで、ここかしこでラジオが流れる。それは、会社の事務所であったり、町の洋食屋であったり、タクシーや病室のベッドであったりもする。ラジオはどこにいても聞くことができる。何をしていても流すことができる。一生懸命聴くこともできるし、聴きたい話だけ耳を傾けることもできる。年齢も性別も職業もバラバラな人々が同じラジオ番組を聴いている。これは単なる恋愛小説ではない。人生の物語であり、ヒューマンドラマなのだ。だから、恋にときめくのではなく、人生に感じいりたいと思っている人に読んでほしいと思ってしまう。

  • ミカママ さん

    角田さんの小説は大好きでほとんど読んでるけど、これは...!だめです、反則です。(最大級の褒め言葉) 最初から最後まで心臓をグラグラ揺すられる感じ。それでいてめちゃくちゃ読みやすくて。ガールズ3人+ラジオパーソナリティ(これも女子)、4人4様の恋+人生ストーリー。結婚生活がたのしい人もたのしくない人も、つらい恋をしている人もしていない人も、ぜひご一読を。

  • 団塊シニア さん

    角田作品の魅力は解りやすい言葉のなかに光る言葉が必ずあるところです。珠子と仁絵の会話、「見つめあう夫婦っていないのかな」「見つめあってたら生活できないんじやないの」このフレーズが好きです。

  • あつひめ さん

    幸せなんて劇的なものじゃなく…日常にごろごろ転がってるのに…本人が気づかなかったり、高望みしてチャンスを逸してるのかも…と、自分の足元を見つめ直したくなる。盛り上がりがなくとも、そばにいて心が穏やかになれるなら…きっと何かしらのご縁があるのでしょう。ラジオから流れてくる言葉はリスナーと、心の温度が近いことで誰かに向けるメッセージならびに自分への励ましや問いかけなのかもしれない。女が幸せになりたいと願えば願うほど、怖じ気つく男も居るし…世の中なかなか難しい…。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

角田光代

1967年神奈川県生まれ。1990年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、『空中庭園』で婦人公論文芸賞、『対岸の彼女』で直木賞、『八日目の〓』で中央公論文芸賞、『紙の月』で柴田錬三郎賞など、著作、受賞作多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載さ

プロフィール詳細へ

角田光代に関連するトピックス

  • 映画『愛がなんだ』Blu-ray&DVD 2019年10月25日発売 角田光代のみずみずしくも濃密な片思い小説を、“正解のない恋の形”を模索し続ける恋愛映画の旗手、今泉力哉監督が見事に映... HMV&BOOKS online|2019年08月06日 (火) 12:30
    映画『愛がなんだ』Blu-ray&DVD 2019年10月25日発売
  • 角田光代&堀江敏幸の連載を書籍化 二人の人気作家がこれまで手にした小説、絵本、詩集、料理本に登場する「食」を、100篇のエッセイとしてまとめた『私的読... HMV&BOOKS online|2015年11月20日 (金) 19:05
    角田光代&堀江敏幸の連載を書籍化
  • 角田光代の珠玉のエッセイ集 愛すべき、私たちのしょっぱい日常。恋愛の苦み、読書の深み、暮らしの滋味…膝を打ちたい気分で人生のあれこれを語ったエッ... HMV&BOOKS online|2015年06月16日 (火) 14:09
    角田光代の珠玉のエッセイ集

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド