きみが見つける物語 十代のための新名作 恋愛編 角川文庫

角川文庫編集部

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784043894055
ISBN 10 : 4043894058
フォーマット
出版社
発行年月
2008年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,321p

内容詳細

はじめて味わう胸の高鳴り、つないだ手。甘くて苦かった初恋。一晩じゅう泣き明かした失恋でさえも、いつかたいせつにしまっておきたい思い出になる…。旬の作家が集結、それぞれが描いた恋の物語とは?いまどきの名作を厳選、超豪華ラインアップでおくる短編小説集『きみが見つける物語 十代のための新名作』。「恋愛編」には、有川浩、乙一、梨屋アリエ、東野圭吾、山田悠介の傑作短編を収録。

【著者紹介】
有川浩 (有川ひろ) : 高知県生まれ。2003年『塩の街 wish on my precious』(電撃文庫/アスキー・メディアワークス)の第10回電撃ゲーム小説大賞を受賞し翌年デビュー。06年『図書館戦争』(アスキー・メディアワークス)が「本の雑誌」の上半期エンターテインメント第1位に

乙一 : 1978年福岡県生まれ。17歳の96年『夏と花火と私の死体』で第6回集英社ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞しデビュー。2003年『GOTH リストカット事件』(角川書店)で第3回本格ミステリ大賞受賞

梨屋アリエ : 1971年栃木県生まれ。98年『でりばりぃAge』(講談社文庫)で第39回講談社児童文学新人賞を受賞し翌年単行本デビュー。2004年『ピアニッシシモ』(講談社文庫)で第33回児童文芸新人賞受賞

東野圭吾 : 1958年大阪府生まれ。大阪府立大学工学部卒業。85年『放課後』(講談社文庫)で第31回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。2006年『容疑者Xの献身』(文春文庫)で第134回直木賞受賞

山田悠介 (小説家) : 1981年東京都生まれ。2001年デビュー『リアル鬼ごっこ』(幻冬舎文庫)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
さまざまな作者の話が載っているので、読書...

投稿日:2012/02/08 (水)

さまざまな作者の話が載っているので、読書にすぐ飽きてしまうという方にお勧めの作品。 青春真っ盛りの方、恋とは無縁になってしまった方、もう一度あの頃のときめきを取り戻したい方、必読です!

くりなおん さん | 埼玉県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 扉のこちら側 さん

    2018年249冊め。タイトル通り10代の読者開拓のための短編集なのであろう、書下ろしではなく既刊や刊行当時連載中の作品で単行本へ誘導する流れ。未読作品は『あおぞらフレーク』『黄泉の怪談』『小さな故意の物語』の三篇。恋愛色は濃くない一冊である。

  • 佐々陽太朗(K.Tsubota) さん

    「あおぞらフレーク」(梨屋アリエ)これぞ十代のための恋愛小説ですな。「しあわせは子猫のかたち」(乙一)切ないミステリ&ファンタジー。秀作。「黄泉の階段」(山田悠介)非常に印象に残る物語。ええぇっという驚きがふたつ。「植物図鑑」(有川浩)会社からの帰り、道端に男(それも結構いい男)が落ちていた。”お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか? 咬みません。躾のできたよい子です”だとぉ。面白すぎるやないの。これは全篇読まずにはいられない。「小さな故意の物語」(東野圭吾)面白いことは面白いのだが後味悪し。

  • ゴンゾウ さん

    恋愛編といっても作家によってミステリー、ホラー、純愛などなど様々。色々なテイストが味わえた。有川浩さんの植物図鑑は既読。個人的には東野さん、乙一さんの作品がよかった。【カドフェス 2017】

  • kaizen@名古屋de朝活読書会 さん

    東野圭吾読破のために手に取りました。▲東野圭吾 小さな故意の物語▲ 梨屋アリエ 青空フレーク▲乙一 しあわせは子猫のかたち▲山田悠介 黄泉の階段 ▲有川浩 植物図鑑 ▲東野圭吾の作品は、すごいなと思いました。 有川浩の植物図鑑を読んで、単行本も読みました。なるほど、そうだったんだ。有川浩読破に舵を移しました。

  • 優希 さん

    初めて味わう恋の味がミステリー、ホラー、純愛などで語られていました。いつか大切な思い出になりそうな10代の恋。それはきっと甘くて苦い複雑な味わいなのでしょうね。胸がキュンとしました。10代の頃、恋をしてみたかったです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品