ノンフィクションにだまされるな! 百田尚樹『殉愛』上原善広『路地の子』のウソ モナド新書

角岡伸彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784931344501
ISBN 10 : 493134450X
フォーマット
出版社
発行年月
2019年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
213p;18

内容詳細

「自分の取材には圧倒的な自信」そう語る百田被告の証言は矛盾だらけだった―。当事者が描いた被差別部落像の虚と実を探る。部落出身の父親の評伝『路地の子』―自分のふるさとを描いた著者が、マジョリティに向けたメッセージとは?『マングローブ』『トラジャ』著者・西岡研介氏との対談収録。

目次 : 第1部 百田尚樹『殉愛』裁判の研究(“ノンフィクション”作品『殉愛』とは/ 著者と版元、訴えられる/ 百田尚樹、法廷で迷走 ほか)/ 第2部 上原善広『路地の子』を読む(稀に見る酷い本/ 同砲によるアウティング/ 部落民が皇族と結婚!? ほか)/ 第3部 西岡研介×角岡伸彦―対談 ノンフィクションにだまされるな!(肩書きは何?/ 地方紙での記者修行/ 売れればいいのか? ほか)

【著者紹介】
角岡伸彦 : 1963年、兵庫県生まれ。関西学院大学社会学部を卒業後、神戸新聞記者などを経てフリーライター。2011年『カニは横に歩く 自立障害者たちの半世紀』(講談社)で第33回講談社ノンフィクション賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • せい さん

    『路地の子』を読んでいたので答え合わせのような気持ちで読んでみた。こんなにも上原氏の狡猾な誤魔化しやいい加減な記述があったのかと驚いた。読者はノンフィクションと銘打たれている物ならばきちんとした取材の上編集作業を受け、ある程度裏付けのある内容だと信用してしまう。それをいいことに、売れればよいとだけ考えている出版社や編集者・ノンフィクションを書く者としての矜恃のないライターがジャンク品を堂々と世に出していることに呆れた。著者のノンフィクションの書き手としての姿勢が分かる最後の西岡氏との対談も面白く読めた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品