英語が1週間でいとも簡単に話せるようになる本 アスカカルチャ-

西村喜久

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784756911858
ISBN 10 : 4756911854
フォーマット
発行年月
2008年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19cm,207p

内容詳細

ガチガチの暗記英語はさようなら。西村式では、言いたいことを自分なりの表現にする方法・情景発想法を会得でき、短期間で英語が話せるようになる。英語のマインドをつかみ、応用自在に話せる英語上達法を紹介。

【著者紹介】
西村喜久 : 現在、早稲田大学エクステンションセンター講師、「西村式語学教育研究所株式会社」代表取締役。1943年11月17日京都市生まれ。京都外国語大学英米語学科卒業。同時通訳、企業向けの翻訳のかたわらこれまでの英会話、英語教育そのものに疑念を抱き、滋賀英会話学院(1970〜1996年)を設立。独自の英語教育を実践(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
英語をツールとして使いたい!という思いで...

投稿日:2021/04/22 (木)

英語をツールとして使いたい!という思いでこの本を買いました。基本の形さえ覚えていれば、 言い回しを変えれば色々な表現ができるので、コミュニケーションが更に楽しくなるのではないかと思いました。  

pipi さん | 福岡県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • colocolokenta さん

    1週間、毎日がっちり読んで勉強しましょう。英語勉強のノウハウは隠さず書かれていて、ある程度の英語力のある人にとっては大変良い本だけど、通勤電車の中で読んでも残念ながら身につかない。合宿免許みたいだけど、1週間の集中講義でもあれば、それに行くのが一番良いのだが。

  • 犬こ さん

    語学の回答は一つではなく、いろんな言い回し、表現の仕方があるので、日本の学校の英語教育において、答えは一つという勉強の促し方は、語学力取得の弊害になっているのはこの本を読むと実感できます。ただし、他感想同様、この本を読んだから、いとも簡単に話せるというわけには、いかなそう(苦笑)

  • Artemis さん

    英語をツールとして使うために、枠組みを理解する、その上で伝えたい言い回しを使えるようにする、という事に特化した本。 言い回しを変えれば英語でいろんな表現はできるし、難しい単語をたくさん知らなくてもコミュニケーションは取れる。でも一週間でいとも簡単には話せない。。

  • わたなべたけし さん

    因果関係をベースとした情景発想法を元に、日本人全般の英語に対する苦手意識・誤解を払拭する内容。 単語を知らないが故に、黙るしかなくなってしまうリスクを回避するためにも、この考え方は極めて重要であると感じる。英会話初心者には早い段階で読んで欲しい1冊。 よく使う動詞や前置詞についての概念についても説明されており、間違いなく、英語表現に対する幅が広がる。

  • けほんこ さん

    読みました すごい重版回数やな 特に苦手分野だと 重版回数で本選んじゃう笑 なんか 信頼感がもてて入れるから 最後までなんとか 読み切れました うん 結論から言う 話せるようには なってない ただ英語の捉え方やら 文章に関しても 英語はつねに赤点 レベルだったぼくが へーなり なるほどなるほどなり 読めたわけで もうちょっと英語がわかれば これはより勉強に なるかもっと 思えました いや もしかしたら 刷り数に 幻惑されてるかもですが ただこんなに重版重ねても 語彙の漢字が間違ってたり k new

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

語学・教育・辞書 に関連する商品情報

おすすめの商品