銀河英雄伝説 8 ヤングジャンプコミックス

藤崎竜

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088907802
ISBN 10 : 4088907809
フォーマット
出版社
発売日
2017年11月17日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
208p;19

内容詳細

同盟軍ヤン少将の作戦に応じ、「薔薇の騎士」連隊がイゼルローン要塞内部潜入に成功!! あの難攻不落のイゼルローンが陥ちるのか!? 不敗の魔術師の本領が今、発揮される……。一方、銀河を揺るがす一大事に、帝国軍ラインハルトは!?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まろんぱぱ♪ 只今、改易・配流中(笑) さん

    はい‼大好きなオーベルシュタインが登場です。そして、ルビンスキー、名将ムライ、ローゼンリッター、嫉妬の化け物フォーク、と役者も揃います。そこに、フレデリカ、ヒルデガルトの二大ヒロインが花?を添えます。 イゼルローンの無血奪還がミラクルヤンの通り名を知らしめます。で、ということは、あの悲劇が訪れます。義眼の参謀は、その義眼に何をみるのか?渇いた覇道の物語とミラクル非戦争主義者の生き様が始まります。

  • 新天地 さん

    オーベルシュタインが黒い。表紙の絵もその眼が見すえるものも行動も動機もなんか黒い。しかしまあオーベルシュタインは生まれる時代さえ違っていたら弾圧される境遇にいたのだからそれを思うともっともな面もある。キルヒアイスがラインハルトの補佐だけでなく、一人ではどう戦うのかが読めたのも面白かった。何より、選挙や人気取りのためだけの戦争の悪辣でなんと恐ろしいことか。その先の戦いに嫌な予感しかしない。それにしても68話のヤンの敵への勧告…それは逆効果で明らかにそういう展開になると思うのだが。

  • オスカー さん

    キルヒーの立ち姿が美しくない〜なんかスタイルが悪いんだよなぁ、みんな。シェーンコップのオヤジもフレデリカもう〜ん・・・だけど、フォークのイッてしまっているアブナイ感じはいいかも。なんだかんだでもう8巻かぁ。頑張ってますな!

  • りこむん@夕凪の街 桜の国を読んで欲しいの! さん

    ううん?と、疑問点があるのは仕方がないか、漫画だから…にしても、フレデリカが随分と軽い女性になっているのが…ヤンに萌え過ぎですよん。原作の本編に突入するや否や、オリジナルストーリーが目立ちだした感があるけれど、原作とアニメの思いが強すぎる為だろう…フォーク准将がイーね!キテますね。

  • S さん

    先頭の一区切りを機にヤンは退役を申し出るが、時代は彼の退場を許さない。息つく間もなく新たな戦場へ向かうヤン。やっかみから単独の任務を与えられ、難なくクリアしたキルヒアイスだが、「私は策士ではない、天才によって視点を引き上げられた凡人にすぎない」という言葉になるほどと思った。天使たちに仕える彼はあくまでも人間だが、彼らに感化され、通常の人間には見ることのない景色を知ることができたのだろう。二人の運命を揺さぶることになるオーベルシュタインが、対照的に死神のように描かれているのはおもしろい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

藤崎竜

1990年、『WORLDS』でデビュー

プロフィール詳細へ

藤崎竜に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品