銀河英雄伝説 6 ヤングジャンプコミックス

藤崎竜

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088906386
ISBN 10 : 4088906381
フォーマット
出版社
発売日
2017年05月19日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
208p;19

内容詳細

第四次ティアマト会戦──。貴族による卑劣な現場介入により、ラインハルト艦隊は敵へ単独前進を命ぜられた!! 無謀な命令にも怯まず、全艦前進を宣言したラインハルト…その戦場に広がる光景は、驚くべきものだった!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まろんぱぱ♪  さん

    常勝の天才と不敗の英雄の伝説の始まり、直接対決の舞台はアスターテ!エルファシルの英雄の言葉が沈滞したムードをふきとばす。生きるために闘うことを宣言するヤン。けれども、ラップの悲劇を婚約者ジェシカはまだ知らない。ラインハルトもヤンも、自分たちの生き方戦い方に政治が関わって来ることをまだ知らない。競わせる事は組織の成長に役立つことは分かるが、時に前進より、蹴落とされないための躊躇と停滞を生み出す。ヤンとラインハルトが新たな組織論と闘う意味を生み出す。余談、やはりヤンの声が富山敬さんで脳内再生をしているわ(笑)

  • りこむん@夕凪の街 桜の国を読んで欲しいの! さん

    やっとこ来ましたね。ここで友人と勝ちをとるラインハルトか?負けないヤンか?どちらが優秀か等と討論した記憶が(笑)ジェシカってピアノだったよーな…ちょいと今回、初登場キャラが個人的にイマイチかな。アッテンボローとメルカッツ。どちらも個人的にお気に入りのキャラだけに地味にショック。メルカッツもぉ〜少し渋さと重みが欲しがったなぁ。

  • み さん

    帝国側も同盟側もどっちも応援したくなってしまう。主人公二人がようやく直接対決ということで次巻へ続く。早く読みたい。そうだ原作を読めばいいのか!

  • 三日月 さん

    ヤンもラップも上官に恵まれなくてかわいそう。最後、ヤンの全艦に向けた演説がかっこよかった。C4フォルダの作戦が気になる。常勝と不敗の対決!

  • S さん

    ヤンの父親の「3度言われても改めない奴は見放して良い。4度目ともなれば逆にこちらが切り捨てられるから」という話はなるほどと思った。親でもない限り、ある程度以上の面倒は見ていられない。だが事は戦場ということもあり、見放し方にも工夫が必要である。煙たがられているのを承知の上で、暗君に具申を続けるヤンたちの苦労を考えると涙が出る。そして、ついに上官の無能さゆえに若い命がまた奪われた。次巻、ラインハルトの勝つための戦いに対し、ヤンの負けない戦法が披露される模様。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

藤崎竜

1990年、『WORLDS』でデビュー

プロフィール詳細へ

藤崎竜に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品