銀河英雄伝説 29 ヤングジャンプコミックス

藤崎竜

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088932118
ISBN 10 : 4088932110
フォーマット
出版社
発売日
2024年04月18日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
シリーズ
:
追加情報
:
192p;19

内容詳細

ヤン襲撃の報せを受けたユリアンらは救援に向かうも、時すでに遅く‥‥。
巨大な英雄の死に全宇宙は動揺し、好敵手が去った失意の中、皇帝ラインハルトは病臥を続け、戦争は終わろうとしていた。そしてその間隙を突き、陰謀がふたたび台頭してゆく──‥。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • こも 零細企業営業 さん

    前は此処で挫折した銀英伝。ヤンが居ない銀英伝なんてと思っていた。ラインハルトも病気でおかしいし、、ロイエンタールは裏切りそうだし、トリューニヒトをアレするまで我慢だな。

  • ぐっちー さん

    大きな喪失感を抱えながら、それでも生きている人々の道はまだ続く。原作で度々言及されてたと思うけど、民主制の原則に対して最も矛盾してたのが、ヤン提督自身の存在。カリスマ亡き後が正念場。フレデリカとユリアンの決意が哀しくも眩しい。一方、意気消沈するラインハルトを支えるのは新たな敵の出現でしかないのか?ロイエンタールがエルフリーデに対して見せた表情。その揺らぎが好き。

  • にぃと さん

    艦隊戦はなく、ヤンの死による双方の混乱とそこからの立て直し、そしてその裏で進む陰謀。それぞれの生き方、考え方が垣間見える場面があり重さと厚みを感じられる場面が多いし、帝国の幕僚級の人たちの出番が多い印象。そういえばキャラクターの造形もあの頃と比べるといつの間にか変化したような。作中の時間だと数年前なんだろうけど、読んでる側としては大分長く続いているなと改めて実感。

  • mahiro さん

    又数巻飛ばしてしまった。ついにヤン提督退場そしてヒルダとラインハルトのあの一夜、物語も完結に近づいている。 ヴェスターラントはラインハルトにとって最大のトラウマなんだと改めて感じる。

  • 毎日が日曜日 さん

    ★★★+

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

藤崎竜

1990年、『WORLDS』でデビュー

プロフィール詳細へ

藤崎竜に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品