銀河英雄伝説 2 ヤングジャンプコミックス

藤崎竜

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088904399
ISBN 10 : 4088904397
フォーマット
出版社
発売日
2016年05月19日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
19

内容詳細

最前線へ転属希望をし、銀河帝国の最果て、雪と氷の惑星・カプチェランカに着任したラインハルトとキルヒアイス。この地で目にしたのは帝国軍の腐敗であった。幾度となく怒りが湧き上がる中、ラインハルトは初陣を迎えるが…!?
自由惑星同盟のヤン・ウェンリーは、のちの立憲制の指導者、ユリアン・ミンツと出逢う。彼はユリアンの養父となるのだが、国内では帝国軍の要である難攻不落の要塞・イゼルローン攻略が計画されていた!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ミユ さん

    初陣エピソードはワクワクするし、ラインハルトとキルヒアイスの絆が熱くて楽しめました。そしてただただラインハルトのその眼力に圧倒される。ラインハルト・キルヒアイスパートが激しい熱量を持っているなら、ヤン・ユリアンパートでは打って変わってまったりした空気がなんとも楽しい。猫元帥って名前がまたいいですね(笑)ユリアンが「しかもなんという捨て猫の風情…!」とかいってて笑ってしまった(笑)どちらのパートもこれからの展開がすごく楽しみです。

  • まろんぱぱ♪  さん

    フジリュー版ラインハルト、カッコえーわー(* ̄∇ ̄*)若いイメージのキャラたちが、スピードを感じさせる作画とマッチしています。比較的老成したイメージなキルヒアイスもヤンチャっぽく(笑)そして、新しいヤンのイメージを見せてもらえそうで、ワクワクです。原作だと、ヤンが好きでしたが、フジリュー版では、ラインハルトのファンになりそ(笑)常勝の天才と不敗の英雄の今後が楽しみ。オリジナルついでに、フレデリカさんのオリジナルストーリーが見たいです。あ、オーベルシュタインのも(笑)スピード感満載のル○バいいなあ(^^)

  • まめむめも さん

    初読。ユリアン目線で良かった。ヤンの表情も良かった。

  • exsoy さん

    「未成年だから…」のラインハルトさま、萌ゆる!!/舞台は同盟側、ヤン・ウェンリー視点に。小説の内容は大学時代に友達に借りて読んだ以来だからあまりよく覚えてないけど、時系列ってこれで合ってるんだっけ?

  • あん さん

    お気に入りさんからの借用本です。はるか昔に原作を挫折してしまっているので、「ヤン・ウェンリーってこんなひとだったんだぁ〜」と思いながら読了(笑)きっと私には、こちらのコミカライズ版のほうが読みやすい。3巻まで借りているので続けて読みます♪

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

藤崎竜

1990年、『WORLDS』でデビュー

プロフィール詳細へ

藤崎竜に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品