銀河英雄伝説 12 ヤングジャンプコミックス

藤崎竜

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088911427
ISBN 10 : 4088911423
フォーマット
出版社
発売日
2018年12月19日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
208p;19

内容詳細

対貴族との内乱は、キルヒアイスが辺境地を平定。残るはガイエスブルク要塞に立て籠もる者たちのみとなった。ラインハルトは貴族軍を要塞の外へ誘き出し、殲滅に乗りかかるが……!? 帝国を二分する内乱、ついに決着へ!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • S さん

    華々しいラインハルトの勝利と、旧時代の貴族たちの無残な敗北。その勝敗の裏にもまた、さまざまな人間ドラマがある。本巻では人を使うことについて考えさせられた。知略に秀でたロイエンタール、部下としては優秀でありながらも、その才能を飼いならすには自らの有能さもまた示し続けなければならないという緊張感。これはオーベルシュタインにも言える。キルヒアイスに関しては、「有能さ」以上に人徳を保ち続けなければならない。修羅の道を歩くラインハルトにとっては、むしろそちらの方が難しく、だからこそ、この先の展開があるのだが…。

  • オスカー さん

    知らないうちに12巻が出ていた。原作者とか違って刊行ペースが早いこと。ファーレンハイトがチャラ過ぎるのがなぁ……ケッセルリンクの髪型がムード歌謡のおにいさんみたいで笑えた。全体的には面白く読めた。しかしあの日あの時が確実に近づいている。

  • ぐっちー さん

    帝国側の内乱の終盤。メルカッツ登場、そしてヴェスターラントの惨劇。原作と微妙に違う、オーベルシュタインの提案に対するラインハルトの対応。そこは変えないで欲しかった。あの過ちが重すぎる罰につながるのだから。そうは言っても最後のページ、ヤバイなぁ。胸が苦しくなる。更に追い討ちをかける次巻予告。

  • Hammer.w さん

    貴族との戦い。惨めなものだなワッハッハ(閣下)。では終わりません。どちらが悪いとも言えないですが、キルヒアイスと切れるのは痛みます(´・ω・)

  • まつ さん

    リップシュタット戦役の終幕。そして…。ぐあー、めっちゃ良いところだけどここまでで一旦終了。13巻で遂にあのシーンが来てしまう…。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

藤崎竜

1990年、『WORLDS』でデビュー

プロフィール詳細へ

藤崎竜に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品