銀河英雄伝説 10 ヤングジャンプコミックス

藤崎竜

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088908960
ISBN 10 : 4088908961
フォーマット
出版社
発売日
2018年04月19日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
208p;19

内容詳細

同盟軍による初の帝国への進攻作戦は、敵の計略と自滅により敗戦濃厚……ヤンは撤退を余儀なくされる──。

この好機に、宿敵ヤンを討つべく猛攻を仕掛けるラインハルト。一方、味方の被害を少しでも減らし、撤退したいヤン。二人の才の応酬による会戦の結末は……。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 新天地 さん

    この辺りがヤンジャンに載るころ原作を読み始めたので当時両者を比べながら読んでいた。原作の解説にあった「新兵器の登場だけでは勝敗が決まらない」という意味がこの巻に如実に出ている。宿敵を倒せぬまま勝つのは歯がゆいが、ビッテンフェルトへの叱責が少々過ぎた。そこでのキルヒアイスのフォローは実に適切。彼はキルヒアイスに次ぐ古参で一度は窮地を脱するきっかけまで作った男なのだから。アスターテと対比して描かれるアムリッツァの見開き、ユリアンが見上げるイゼルローンの街並み、貴族趣味全開の艦隊など見開きがどれも素晴らしい。

  • はるき さん

    断然同盟派で、ヤンが一番好きな私ですが、ラインハルトの持つ危うさと激しさは眩しく映ります。先を知る原作ファンには堪らない…。

  • りこむん@夕凪の街 桜の国を読んで欲しいの! さん

    ビッテンフェルトのワイルドさが…慣れないなぁ(笑)ヨーゼフのキレっぷりは凄い!これは原作さながらと言う感じかな。原作を読んでるから内容より絵柄と言うか、表現が気になってしまうな。ビッテンフェルト…

  • おやぶたんぐ さん

    10巻到達。ここまで原作をリスペクトしつつ独自のアレンジも加えた丁寧な作りだと思う。私のしつこい勧めにもかかわらず原作を読もうとしない娘が、こちらは一気に読了。ぜひ最後まで描き切って欲しい。

  • てんてん(^^)/ さん

    アムリッツァ星域会戦は、見応えがありました。それにしてもこの漫画の戦闘の見せ方はとても斬新でしかも美しくわかりやすいですね。才能だなぁと思います。ま、個人的にはそれよりも、自己嫌悪に陥ってぐで〜っと寝転んでフレデリカさんにワガママ言ってるヤン様がベストでしたが。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

藤崎竜

1990年、『WORLDS』でデビュー

プロフィール詳細へ

藤崎竜に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品