総合ランキング: 47位 / コミックランキング 7位

ドラえもん 0 てんとう虫コミックス【重版分12月中旬入荷】

藤子・F・不二雄

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784091431561
ISBN 10 : 4091431569
フォーマット
出版社
発売日
2019年11月27日
日本
シリーズ
:
追加情報
:
136p;18

内容詳細

6種類の「幻の第1話」が一堂に集結!

誕生50周年にちなみ、全6種類の「ドラえもん」第1話を初出バージョン&完全カラーで収録。しめ切りギリギリになってもタイトルも主人公も決まっていなかったという伝説の予告や、作者自身による創作秘話まんが「ドラえもん誕生」も新書判コミックス初収録!貴重な写真と資料でおくる巻末解説も充実!


[編集者からのおすすめ情報]
「全45巻収録作品一覧」も巻末に収録。てんとう虫コミックス1巻の隣にぜひ並べて置いてください。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • buchipanda3 さん

    ドラえもんが未来からのび太の部屋にやってくる第1話を6種類、ほか収録。コミックスに収録されたものしか読んだことがなかったので色々と新鮮で面白かった。初期の頃はドラえもんの設定が固まってなかったのか、今とは違う振舞いにおよよとびっくり。「小学二年生」版のは柄模様がおもちゃみたい。一番の衝撃はドラミちゃんの予告版。これはまたびっくり。あとドラミちゃんは一万馬力だったのか。藤子F先生の創作秘話「ドラえもん誕生」では、ネコの蚤を取る場面が印象的。夢中になると止まらないってところがあの世界を産んだのかなと思った。

  • 寺・ジ・エンド さん

    素晴らしい事にドラえもんの1巻は毎年増刷するそうである。それほどに我々にとってドラえもんは日常だ。日本人が最初に接するSFである。本書は学年誌ごとに発表されたドラえもんの各1話をカラーで掲載。『ウメ星デンカ』の後釜だった事がわかる。ドラえもんのみならず登場人物達も初登場ゆえに、今とキャラクターが違う。ジャイアンがスネ夫の子分のように横でハナを垂らしていたり、ジャイ子の出番が多かったり、のび太の両親が仏のように優しかったり、しずかちゃんがしず子ちゃんだったり。見学気分で1度覗いてみて良い1冊かと思う。

  • 陽子 さん

    ラッキーにも手に入った。これは確かにお宝本。まあ!カラーも掲載時通り。そして何より、ドラえもん誕生秘話に驚いた。予告掲載時にさえキャラクターが決まっていなかったなんてね。年齢ごと読者層に合わせわかりやすく描き分けられた第1話。オチもちゃんとあってこの年?になっても吹き出して笑えた。記念すべき第1巻発売を覚えている。320円だった。どこの書店も売り切れでようやく手にしてワクワクしながら読んだ記憶が。この本は大切に保存しよう。「‥22世紀。色々便利なものが発明されたけど、ばかにつける薬だけができていない」笑。

  • ぐうぐう さん

    23年ぶりの新刊と話題の『ドラえもん』0巻だが、『ドラえもんプラス』6巻が2014年に刊行されているので、正確には5年ぶりということになる。また、てんとう虫コミックスには初収録でも、『藤子・F・不二雄大全集』には当然ながら収録済みだ。とはいえ、学年誌別に掲載された『ドラえもん』の連載1回目をまとめて読めるのは、なんとも贅沢で愉快な体験ではある。学年誌の対象年齢別に、同じエピソードをバリエーションを変えて描いてもよさそうなのに、そうはせず、わざわざ個々にエピソードを考え描いているのが、いかにもF先生らしい。

  • hnzwd さん

    学年ごとの雑誌で掲載された第一話を集めた一冊。読んだことないような話は無かったですが、、ドラえもん好きとしてはこの形態で0巻として出版されたのが嬉しい。出版前から2刷決定とか、、みんなもっとドラえもん読んだらいいと思うんです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

藤子・F・不二雄に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品