四間飛車を指しこなす本 2 最強将棋塾

藤井猛

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309721873
ISBN 10 : 4309721877
フォーマット
出版社
発行年月
2000年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
藤井猛 ,  
追加情報
:
19cm,255p

内容詳細

本書は、四間飛車側からの積極果敢な仕掛けをバリエーション豊かに、時に終盤まで踏み込んで解説したもの。相手が力を出す前に技を掛ける感覚、四間飛車の勝つパターンを徹底的に学べるようにさまざまな工夫を凝らしている。最終章では藤井システムを取り上げた。藤井システムの根幹を成す考え方と基本となる狙い筋、藤井システムが絶対に避けなければならない形、そうした要点をつかめば、みなさんにも有力な戦法として使いこなせるはずである。

目次 : 第1章 角交換挑戦型/ 第2章 5六銀速攻作戦/ 第3章 6六銀型四間飛車/ 第4章 4八飛戦法/ 第5章 藤井システム基礎編

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • hk さん

    鬼畜米英穴熊といったもので、穴熊囲いは四間飛車党にとってまさに鬼門だ。本書は卑劣極まりない穴熊使いに対し、正義の鉄槌を下すべく上梓された一冊。@浮き飛車型A▲6六銀鈴木システムB▲4八飛車振り戻し型C▲5六銀電撃作戦D8筋明け渡し戦略E藤井システムの基幹部分 都合6つの対穴熊メソッドが紹介されている。藤井システムのように一気に雌雄を決しに行くものもあれば、浮き飛車型のように硬さの穴熊に構え負けしない方策もあり、バリエーションが潤沢だ。本書で自分にあった作戦をモノにして、鬼畜穴熊を一気呵成に殲滅して欲しい。

  • akihiko810/アカウント移行中 さん

    四間飛車次の一手定跡本。2巻は対持久戦と藤井システム。  天敵・居飛車穴熊にがっつり組まれる前に潰してしまえというのが本書のコンセプト。 角交換挑戦型、56銀型、66銀型(鈴木システム)の他、4筋に飛車を振りなおす48飛車戦法、そして藤井システム。 四間飛車党は1巻と合わせて必読かも  

  • そり さん

    一巻は四間飛車の「柔」、受け編。二巻は四間飛車の「剛」、攻め編。二冊でおおよその基礎定跡が習得できる。基礎といっても道は多岐におよび、正確な理解が求められる。技をかけるポイントは、角で相手玉をしっかり捉えながら攻めることと遊び駒のできる隙を狙うことか。

  • スパイク さん

    対居飛車穴熊四間飛車の本。▲7八銀型、▲5六銀型、▲7七銀型、▲4八飛戦法、藤井システム。意外に変化が豊富で、覚えるならどれか一つでいいかな。

  • アンパッサン さん

    よく5六銀速攻をやってましたが、さらに深まったかな。居飛穴対策はよくやるので、頭に入ってきやすい。一巻のほうがまだまだ学ばないといけないみたいだ。でもとりあえず3巻へ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

実用・ホビー に関連する商品情報

おすすめの商品