CD

菅野光亮の世界 -砂の器 / 天城越え / 真夜中の招待状-

菅野光亮

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SOST3029
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

映画『砂の器』の音楽を作曲した菅野光亮による映画音楽作品集!

1974年の公開以来、今なお多くの映画・音楽ファンの記憶に深く刻み込まれている松竹映画『砂の器』。近年では“シネマ・コンサート”による上演で再び脚光を浴びている。日本映画を代表する名スコアとして知られるテーマ曲「ピアノと管弦楽のための組曲『宿命』」は、芥川也寸志音楽監督のもと菅野光亮が作曲・ピアノ演奏し、第29回毎日映画コンクール音楽賞、モスクワ映画祭ソビエト作曲家同盟賞を受賞した。今再び注目を集める作曲家・菅野光亮の名盤アルバム『ピアノと管弦楽のための組曲 宿命』のデジタル・リマスターに加え、『天城越え』『真夜中の招待状』の音楽を厳選追加収録する映画音楽作品集。(メーカー資料より)

収録予定作品
■松竹映画『砂の器』(1974・野村芳太郎監督、出演・加藤剛、丹波哲郎)より「ピアノと管弦楽のための組曲 宿命」
■松竹映画『天城越え』(1983・三村晴彦監督、出演・田中裕子、渡瀬恒彦)よりサウンドトラック
■松竹映画『真夜中の招待状』(1981・野村芳太郎監督、出演・小林麻美、小林薫)よりサウンドトラック

【アーティストプロフィール】
(1939年7月10日 - 1983年8月15日)作曲家、ジャズピアニスト。宮城県出身。東京芸術大学音楽学部作曲科を卒業。大学在学中の1966年に、第35回日本音楽コンクール作曲部門第2部(室内楽曲)に応募した「ヴィオラとピアノのためのソナタ」が3位入賞を果たす。大学卒業後は主にジャズピアニストとして活躍。映画やテレビドラマの音楽を多数手がけたが、病のために44歳で他界した。

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

モダンジャズ に関連する商品情報

おすすめの商品